1954年8月よりヨーロッパ全土にて識別不能の飛行物体が目撃された

物体は主に球形、円盤型、葉巻型をしていた。目撃者の中にはパイロットや軍人、警察官なども含まれていた。特に10月3日には50以上の目撃報告がフランス全土の新聞にて報じられ、目撃の数は10月20日より減少し始めた。フランス国防省は多くの情報を調査する目的で、省内に幕僚委員会を設置した
ヨーロッパ全土[map lat="54.52596139999999" lng="15.2551187" width="800" height="600"]