ツインの部屋で娘と泊まったのですが、夜誰かにたたかれて目が覚めました。娘ではないのは、感じでわかりました。それが二回ありました。全身ぐっしょり汗をかいて血の気が引きました。

寝るときはアイマスクをしていました。深夜眠りについたころ、おなかあたりを誰かにたたかれた感触で、目が覚めました。その瞬間「出た!」とわかりました。娘が隣のベッドにいたのですが、叩いたのは娘ではないと思いました。叩き方が、何というか、力を抜いて上からだらんと手をぶつけてきた感じだったのです。生きている人の叩き方じゃない。もう怖くて、汗がどっと出て、どうしよう、隣の娘に手を出されたらと考え、電気をつけようかと思いましたが、怖くて動けなかったです。そのうち、寝てしまったようなのですが、もう一度でろんとお腹をたたかれて目が覚めてしまいました。どうしようと混乱しましたが、必死で「波阿弥陀仏」と何度もつぶやいているうちに次ぎ目覚めたら、朝でした。アイマスクのおかげで見なくて済みました。娘に聞いたら、やはり叩いたりしてないとのことでした。帰るときフロントで「あの部屋出ますよね」とは言えませんでした。その部屋は、新聞の読者プレゼントで無料で泊まりました。思うに、無料だから、何か過去に事件のあった部屋で、出ると知ってあてがわれたような気がしてなりません。それ以来、懸賞で宿泊ご招待のものには、応募するのはやめました。
長野市南長野[map lat="36.6536952" lng="138.1768609" width="800" height="600"]