首吊り廃墟

首吊り廃墟
首吊り廃墟

写真を撮影して、その写真を眺めていたら、屋上に人影のようなものが写っていた。

新世界にある全焼したビル、首つり廃墟。向かい側にあるスパワールドに宿泊していた客が何気なく窓から見える景色を撮影していたのだが、その中の一枚に薄汚れたビルの写真があった。気になってスパワールドの従業員に連絡したところ、従業員から通報が入り警察が駆け付けた。屋上を調べてみるとなんとそこには死後数年が立った白骨死体がぶら下がっていたのだった。白骨死体の話を知ったある青年が見物に来たときに、屋内に等身大の人形がぶら下がっているのを発見する。その人形の周りにはいくつもの靴が一緒にぶら下がっていたらしい。不気味に思いながらも青年は帰宅した。その数日後にそのビルの屋内で首つり死体が発見された事を彼はニュースで知った、といったことが報告されているようだ。このような怪奇現象が大阪では頻発しているとでも言うのだろうか。

大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目4?3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。