八王子スーパー強盗殺人事件(はちおうじスーパーごうとうさつじんじけん)は、1995年7月30日に東京都八王子市で閉店後にスーパーマーケットの女性スタッフ3人が殺害された事件である。そのうち2人はアルバイトの女子高生であった。警視庁による正式な呼称は「大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件」。また、店舗の名前から「ナンペイ事件」「八王子スーパーナンペイ事件」とも呼ばれる。懸命な捜査が続けられているものの犯人は逮捕されておらず、未解決事件となっている。また、捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件にも指定されている。動機については強盗説と怨恨説があるが、警視庁は強盗殺人容疑で捜査している。

1995年7月30日午後9時15分から17分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所で拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。被害者はパートの47歳女性A、アルバイトの17歳の女子高生Bと16歳の女子高生Cの3人(年齢はいずれも事件当時)で、犯行時間は数分間(被害者Aの知人が、迎えに来るまでの間)。犯人は何も奪わずに逃走している。金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけておらず、金銭目当てではない可能性もある。女子高生2人は粘着テープで口を塞がれた上で互いの右手と左手を縛られており、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態であった。また、パートの女性は体を縛られていなかったが、銃把で殴りつけられたのちに金庫の前に突き飛ばされたものとみられており、女子高生の殺害後に左右の額に銃口を押し付けられて殺害された。また、使用された拳銃はフィリピン製のスカイヤーズビンガムとされる。
東京都八王子市大和田町4-26-1[map lat="35.66697100000001" lng="139.3555187" width="800" height="600"]