函館市タクシー運転手強盗殺人事件

noimage

函館市タクシー運転手強盗殺人事件(はこだてしタクシーうんてんしゅごうとうさつじんじけん)は、2006年12月に北海道函館市で発生した、強盗殺人・死体遺棄事件。犯人の特定・逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。

2006年12月21日午前7時10分頃、函館市港町3丁目にある、港町荷揚場に乗り捨てられているA交通のタクシーを発見され、トランク内からうつ伏せの状態で同交通のタクシーの運転手の男性(当時42歳)が遺体が見つかった。遺体には刃物で胸などを刺されており、タクシー内にあった売上金はなくなっていた。[cc id=5872]

北海道函館市港町3丁目216[map lat=”41.8118524″ lng=”140.7147847″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。