2013年(平成25年)12月19日早朝、京都市山科区の王将本社前にて大東社長が自身で運転していた自動車付近に心肺停止の状態で倒れているところを通報され、病院へ搬送されて死亡が確認された。

午前5時半頃に大東社長は自宅から自家用車で出勤し、午前5時45分頃に駐車場で車を止めて降りたところを、待ち伏せていた犯人に撃たれたとみられる。犯行に使われたのは小型の25口径の自動式拳銃で、至近距離から4発の銃弾が撃たれ、そのすべてが急所に命中していた。2013年6月、犯人が逃走にバイクを使用した可能性が強まったほか、捜査本部などへの情報提供は300件を超えたが、犯人に結びつく有力情報は得られていない。2015年(平成27年)12月、事件現場の近くで発見された遺留品から検出されたDNA型が九州の暴力団組員のものと一致したため、警察は九州方面を集中捜査したが、犯人特定には至っていない。
created by Rinker
¥880 (2021/03/05 23:06:15時点 Amazon調べ-詳細)
京都府京都市山科区西野山射庭ノ上町294-1