池袋駅構内大学生殺人事件

noimage

池袋駅構内大学生殺人事件は1996年4月11日午後11時30分頃、東京都豊島区の東日本旅客鉄道(JR東日本)池袋駅構内で発生した殺人事件である。警視庁による正式名称は「JR池袋駅山手線ホーム上立教大生殺人事件」。この事件では被害者の父親が賞金を懸け情報を収集するなどしているが、未解決事件となっている。また事件は大勢に目撃されており、現場となった池袋駅には目撃者の証言などを基に作成された犯人の似顔絵が貼られている。

1996年4月11日午後11時30分頃、池袋駅の山手線外回り7・8番線ホームで当時立教大学の学生であった男性(当時21歳)が男に絡まれ、顔を殴られ転倒した際に後頭部を強打し、5日後に収容先の病院で死亡した。目撃者の証言によると、犯人は事件後、山手線で日暮里駅方面に向かったというが、その後の足取りは不明となっている(同駅までの乗車は目撃されているが、この駅で降車したのかどうかは不明)。被害者の男性は帰宅途中で、犯人の男との何らかのトラブルに巻き込まれたとみられている。遺族である被害者の父親は事件から2か月後に、右目尻に古傷があり犯人の似顔絵とよく似た男を北千住駅で目撃し尾行している。この男は駅前のパチンコ店に入った後、常磐線(快速)に乗って柏駅まで移動した。同駅の改札を一度出た後に再度定期券で入場して我孫子方面のホームに下ったところで、電車から降りてきた乗客に阻まれ見失ってしまったという。なお、同駅は犯人の足取りが最後に確認された日暮里駅より常磐線(快速)で5駅目にある。

created by Rinker
¥713 (2021/06/22 14:11:40時点 Amazon調べ-詳細)

東京都豊島区南池袋1丁目28?1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。