1948年1月26日に東京都豊島区の帝国銀行(現在の三井住友銀行)椎名町支店で起こった殺人事件。

事件当日の閉店後、厚生省職員を名乗る男が訪ね、「近隣で赤痢が発生しており多数の感染者が出ている。これから銀行の消毒を行うがその前に予防薬を飲んで欲しい。」と言って行員に薬を差し出します。彼を信用した行員と用務員の家族合わせて16人がこの薬を口にしましたが、実はこれは猛毒の青酸化合物でした。その結果、計12人が死亡し、男は現金や小切手など合わせて1万7450円(現在の価値で数百万円ほど)を奪い逃走しました。
created by Rinker
¥713 (2021/02/24 11:13:18時点 Amazon調べ-詳細)
東京都豊島区椎名町