加茂前ゆきちゃん失踪事件

加茂前ゆきちゃん失踪事件
加茂前ゆきちゃん失踪事件

1991年、3月15日。当時小学生2年生だった加茂前ゆきちゃんが自宅から失踪した。目撃情報やテレビなどでも広く情報を募りながらも未だにゆきちゃんは見つかりません。

加茂前ゆきちゃん当時8際は、小学校から友人とともに家路につく。14時に友人と別れ帰宅した。14:30ごろ母がパート先からかけた電話に応対している。その後、小学6年生の姉が帰宅するとゆきちゃんは見当たらず、ゆきちゃんが好きでよく自分で作っていたココアが、まだあたたかい状態で置いてあった。16時頃、仕事に行くために同宅から板金工場の夜勤へ行く父が起床するが、この時もゆきちゃんはいなかった。普段から友人と遊びに行っていることが多く気にとめなかった。その後長女、母が帰宅しても夜になるもゆきちゃんは帰宅せず、20時に警察へ通報する。失踪に関して、謎が多く、意味のわならない怪文書が届くなど不気味な様相を呈した。

三重県四日市市富田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。