癒しのパワーがあるという。

ピレネー山脈の麓で育ったベルナデットという14歳の少女は、ある日を境に、聖母マリアの姿を目にするようになりました。そのお告げに従って洞窟の前に穴を掘ると水が湧き出し、今日の「ルルドの泉」となったのです。カトリックの巡礼地でもあるこの地を目指して、年間500万ともいわれる人々が世界中から訪れています。癒しのパワーがあるといいます。
1Avenue Monsiegneur Theas, 65100 Lourdes, [map lat="43.0974724" lng="-0.057640599999999986" width="800" height="600"]