グローツラング(アフリカーンス語:Grootslang)は、南アフリカ共和国リフタスフェルトのオレンジ川近くに生息すると言われている大蛇である。グローツラングは精霊のヘビであり、遭遇したものには災いが降りかかると伝えられている。

リフタスフェルトのどこかにある、大量のダイヤモンドが埋蔵されている洞窟(「底なしの洞窟」)の中で、グローツラングはそのダイヤモンドを守っているという。全長は12m、眼球として宝石が嵌め込まれている。
南アフリカ共和国リフタスフェルト[map lat="-28.6334268" lng="17.1484521" width="800" height="600"]