パンアメリカン航空事件

noimage

1952年7月、パンアメリカン航空の大型旅客機DC-4が飛行中にUFOを目撃した。

盤は次々に旅客機に接近してきたが、突然に「ピストルの弾丸が石の壁に当たって跳ね返ったように急激」に方向転換し、編隊を組んで西へ遠ざかっていった。その直後にさらに2つの発光体が出現し編隊に加わった。乗務員たちの証言によると、円盤の光は動力源と何か関係があるようで、減速すると光が暗くなり、加速すると輝きが増した。円盤は150度の急激な方向転換をしたにも関わらず、重力や慣性の影響を受けている様子はなかった。[cc id=5876]

バージニア州上空[map lat=”37.4315734″ lng=”-78.65689420000002″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。