ジャノ

ジャノ
ジャノ

トルコのアナトリア東部のヴァン湖に住むジャノの特徴は、全身が黒ずんだ茶褐色、推定の体長は15メートルから20メートルの大型未確認生物です。1997年5月にユズンジュ・ユル大学助手のウナル・コザックが、ヴァン湖でジャノと思われる生物を発見、ビデオ撮影に成功した

気性は穏やかで、主に夜間での活動をメインにしているようですが、他のUMAと違うのはジャンプする事です。実際、夜中に巨大な生物がジャンプしているのも目撃されています。ジャノの正体に関しては、原始のクジラ、ゼウクロドンとの説が有力です。[cc id=5874]

トルコ ヴァン湖[map lat=”38.6139904″ lng=”42.9181508″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。