「長屋王の呪い」により閉店へ追い込まれた「奈良そごう」。それから3年間、廃墟同然になっていた「奈良そごう店」は「イトーヨーカード奈良店」として再スタートするも、またもや「長屋王の呪い」により閉店へ追い込まれる...その他、心霊体験などの報告も多数あり。

長屋王は天武天皇の孫で7世紀後半から8世紀前半にかけて活躍した権力者です。しかし藤原四兄弟の陰謀といわれる「長屋王の変」で、自害に追い込まれ非業の死を遂げます。それから1260年後の1989年、長屋王の邸宅の跡地に「そごう」が「奈良そごう」を建設します。しかし「奈良そごう」が出来てから僅か2年後にバブル経済が崩壊し、窮地に追い込まれます。結局、「奈良そごう」は2000年に撤退。2003年には「イトーヨーカード奈良店」になり、好調なスタートを切ったかのように見えました。しかし、イトーヨーカードも2017年には撤退。度々、続く撤退劇に、いつしか「長屋王の呪いか?」との噂が流れるようになりました。「奈良そごう」の時代には、フロアで働いていた人がしばしば心霊体験をしたとの報告もあります。
奈良県奈良市二条大路南1-3-1 [map lat="34.6852159" lng="135.8021815" width="800" height="600"]