太龍寺

太龍寺
太龍寺

太龍寺は四国八十八箇所霊場の21番目の札所になっているお寺です。

太龍山の山頂付近にありたどり着くのに足場の悪い坂道などを通らなくてはいけないため「一に焼山、二にお鶴、三に太龍寺」と言われているほど登るのに苦労した場所だったそうです。ですが今はロープウェイが利用できるようになっているので山頂まで10分程で行けるようになりました。このロープウェイの長さは西日本で最長といわれています。山や川をこえるので太龍寺に着くまでも十分に楽しめます。空海として知られている弘法大師が修行した場所といわれていて、児童期から青年期にかけての弘法大師の成長に影響を与えた重要な役割を果たしていたお寺とも伝えられています。本堂の他に大師堂や本坊、鐘桜門など、霊場の中でも大きくて立派なお寺だと言われています。大師堂に施されている飾りをみると四神や青龍そして白虎などがあり、それらがどこにあるかを探しながら回ってみると楽しいです。 [cc id=5873]

徳島県阿南市加茂町龍山2 [map lat=”33.88250900000001″ lng=”134.5217357″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。