広島市佐伯区スーパー強盗殺人事件は、2000年9月3日に広島県広島市佐伯区で発生した強盗殺人事件。犯人が逮捕されていない未解決事件。

2000年(平成12年)9月3日午後9時すぎ、広島県広島市佐伯区五日市中央四丁目のスーパーマーケット「マルショク五日市店」の商品搬入口で男性従業員(当時36歳)が仰向けで血を流して死んでいるのを同スーパーマーケットの警備員が発見した。司法解剖の結果、被害者は首や顔など数か所を刃物の様なもので切られていた。被害者の左手には犯人に抵抗した際についた傷が残っていた。店内から現金数千万円と預金通帳の入っていた手提げ金庫や被害者の免許証や携帯電話、被害者が所有していた乗用車の鍵が無くなっていた。他にも被害者の眼鏡がなくなっており、犯人の物と思われるサングラスが残されていたことから、犯人が間違って持ち去った可能性も高いと考えられていた。その後の調べで、現場から約5キロ離れた広島県広島市西区の太田川放水路河口付近で現場から奪われていた手提げ金庫や被害者の眼鏡、免許証が発見された。手提げ金庫は鍵が開けられており、中身は空だった。免許証は細かく切り刻まれていた。金庫の付近からは凶器と見られる血液の付いたナイフが見つかった。被害者が倒れていた商品搬入口からおよそ50メートル北側にある駐車場に血痕が残されていた。被害者を刺した際のものか、犯人の傷からの出血と見られた。
広島県広島市佐伯区五日市中央四丁目1-8[map lat="34.3718448" lng="132.35699250000002" width="800" height="600"]