2008年1月5日に発生した未解決事件。岡山県新見市豊永赤馬の洞穴、「日咩坂金乳穴(ひめさかかなちあな)」へ入洞した高知大学の洞窟探検サークルのメンバー1名が行方不明になった事件。

事件が起きたのは2008年1月5日。午前11時ごろに高知大学の洞窟探検サークルに所属している顔見知りの大学生5名が「日咩坂金乳穴(ひめさかかなちあな)」へ入洞。洞窟内を探検し、最奥にある地底湖を目指しました。午後2時30分ごろに地底湖へ到着し、行方不明となる男子学生1名が遊泳をはじめました。サークルの行事として地底湖の奥の壁にタッチして戻ってくるというものがあり、当日もその行事が行われたようです。サークルメンバーの証言によると、男子学生が30メートル奥の壁に「タッチ」と言った声は聞こえたそうで、戻ってくるまでの間に行方不明になった事になります。また、この地底湖は洞窟から水面までが5メートルあるようで、ロープなしでは上がることができません。事件発生後に洞窟から撤収する際に、サークルメンバーたちは道中のロープやワイヤーを全て回収して戻っているのです。これでは男子学生が地底湖で一命を取り留めていたとしても、自力でもどることはできません。このような不可解な行動をとるのには何か理由があったのでしょうか。事件後に会見が行われることはなく、当事者から何の発表もされていないため、真実は闇の中です。事件当日、メンバーから通報を受けた警察が男子学生の捜索を行いましたが、その姿を発見することはできませんでした。真相の明らかになることのない、未解決事件です。
岡山県新見市豊永赤馬[map lat="34.9838034" lng="133.58619099999999" width="800" height="600"]