群馬県と埼玉県の県境に「神流湖(かんなこ)」という大きな湖があります。神流湖は下久保ダムのダム湖であり、日本最大の人工湖でもあります。

そんな神流湖にかかる赤い橋が「金比羅橋(こんぴらばし)」です。「琴平橋」と書かれることもあります。

実はこの金比羅橋、いわゆる「自殺の名所」で、今までに何人もの人が身を投げたといわれています。だからでしょうか? 金比羅橋は全国的な知名度を誇る心霊スポットでもあります

では自殺者の怨念が、その心霊現象の原因なのでしょうか?

しかし調べていくと、前述した「下久保ダム」が作られた際に1つの集落を水没させており、そこに呪いの端緒があるのではないかと思われるのです。

今回は群馬県の心霊スポット、「金比羅橋(琴平橋)」の心霊現象と、その端緒である下久保ダムの怨念について紹介します。

【群馬県の心霊スポット】金比羅橋は自殺の名所?

群馬県藤岡市の神流湖にかかる金比羅橋(琴平橋)は、湖面の青と、山の緑、そして橋の朱色のコントラストが美しい観光名所です。

しかしこの金比羅橋、実は「自殺の名所」として有名で、自殺防止ネットが橋の両サイドに掛けられ、「いのちの電話」の看板も見られます。タイミングによっては線香が供えられているのに遭遇することもあるでしょう。

そのため、湖水が枯渇してくると、沈んでいる車や自殺者の遺体が橋の上から見えるとか。

実際、夜に行くとかなり不気味で、また高確率で心霊現象に遭遇するといいます。

人魂を見た。橋の下からがのぞいていた。うめき声が聞こえた

カメラを向けると心霊写真が撮れ、車で通ると大量の手形が窓につくなどなど……様々な心霊体験が語られております。

また金比羅橋で自殺する人は、近くにある神社やお寺でお参りをしてから自殺することが多いようで、参拝してから橋に行くと、そのルートで死んだ自殺者の霊が見えるという話もよく聞かれます。

心霊スポット「金比羅橋」の自殺は下久保ダムに沈んだ村の怨念?

では自殺者の怨念が、その心霊現象の原因なのでしょうか?

しかし調べていくと金毘羅橋だけでなく、橋が架かる「神流湖」や、そのダムである「下久保ダム」自体が心霊スポットとして認知されており、神流湖周辺で大量の心霊現象が起こっていることがわかります。

実際に神流湖のほとりにある廃墟、通称「新井さんの家」は一家惨殺事件があった心霊スポットとしてマニアのあいだでは有名です。

こうなると、金毘羅橋の心霊現象の大本は、神流湖そのものにあるような気がしてきますよね。

実は下久保ダムが造られた際に、310世帯もの人が住んでいた集落を1つ水没させているのです。そして先ほどお話した「新井さんの家」もまた、下久保ダムと関係があると噂されています。

新井さんはダムを建設するためにやってきた工事業者の1人だったとか、はたまたダムの下に沈んだ村の住人であり、新井さんの家は抗議活動の拠点とするために建てられた家だったとも……。はっきりしないのですが、とにかくダムの関係者だったという見方が有力です。

この地に「新井」の性を持つ家が多いことや、家のすぐ側に「新井家之墓」と彫られた墓が立てられていることから、地元に古くから住む、ダム建設反対派の人間だったと考えるのが自然かもしれません。

そしてこの新井さんの家で、凄惨な事件が起こったのです。新井さんの家については、コチラの記事で紹介しています。興味のある方はぜひご覧ください。

ちなみに下久保ダムの近くには、ダム建設による殉職者の慰霊碑も建てられています。殉職者も多く出たのです。

金毘羅橋での自殺が、神流湖に沈められた村人の怨念によって引き起こされていると感じてしまうのは、筆者だけでしょうか?

自殺の意志を持つ者が、神流湖に引き寄せられているのかもしれませんが……。とにかく、病んでいるときに金毘羅橋を訪れるのは止めたほうがよさようです。

今回は群馬県の心霊スポット、「金比羅橋(琴平橋)」の心霊現象と、その端緒である下久保ダムの怨念について紹介しました。

群馬県には、他にも様々な心霊スポットがあります。呪いの廃神社「武尊神社」、群馬県最恐と呼ばれる「ホテル藤原郷」や、廃墟ビルである「大友ビル」、自殺があったとされる「赤城山の白い家」などなど……どれもオカルトオンラインでくわしく紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

created by Rinker
¥1,320 (2020/12/03 21:24:04時点 Amazon調べ-詳細)

群馬県の最恐心霊スポットランキングはコチラ→【今話題!】群馬県の最恐心霊スポットランキング!