サムネイル引用:Yutaの趣味部屋様

福島県のとある田舎町には現在は使われていない大きな廃アパートがあります。

そのアパートは福島県最恐の心霊スポットと言われている「赤い部屋」という場所で、数々の心霊現象が報告されています。

今回はそんな赤い部屋について迫っていきたいと思います。

赤い部屋とは?

福島県西白河郡矢吹町神田西にある廃アパートです。

1990年代まで居住者がいたことが確認されており、3階建て12世帯が住めるアパートだったそうです。

この「赤い部屋」の名前の由来としては、廃アパートの上階の窓枠から不気味に赤いブラインドが見えるため、「赤い部屋」と呼ばれています。

昔は福島で有名な心霊スポットでしたが、現在は建物の所有者によって厳重に管理されており、全室には施錠がなされています。

※建物は所有者によって管理されています。無断での侵入やその場所にある物品などを持ち帰ることは犯罪です。法律で禁じられています。

「赤い部屋」の噂

福島県最恐の心霊スポットと言われる「赤い部屋」では、かつてどんなことが起きたのでしょうか?

噂では、このアパートの上階に住んでいた家族の子供の泣き声が原因で、下の階に住む男性がノイローゼになってしまい自殺したと言われています。

それ以降、その家族のもとに無言電話がかかってくるようになり、次第にその家族もノイローゼになり壊れてしまい、一説では一家心中を遂げたと噂されているのです。

「赤い部屋」の心霊現象

「赤い部屋」はそのアパートの上階の角に存在し、その部屋に噂となった一家が住んでたと言われています。

心霊現象①

部屋の中にある三面鏡を覗くと知らない人も映る

心霊現象②

電気は通っていないはずなのに、黒電話が鳴る

心霊現象とは他に、「赤い部屋」とは別の部屋には布団や洗面器、VHSなどの生活用品などが残っていることから、引っ越しではない何らかの理由により部屋を出て行ったと考えられます。

そして、噂の「赤い部屋」の内部は、真っ黒焦げの状態で火事があったこととが推測されます。

入り口の扉上部は黒くくすんでおり、内部の白く塗装された壁も黒くくすんでいます。

おそらく火災によって、ほとんどが燃えてしまっているのですが、当時のものと思われる食器や紙切れなどが生活感をにおわせているのがまた不気味です。

そして、肝心な「赤い部屋」の名前の由来となった赤いブランドなのですが、外側からも内側からも見つけることはできませんでした。

現在は赤いブラインドの存在はなく、この火事によって燃えてしまったのでしょうか?

福島県の心霊スポットはコチラ

福島県の心霊スポット

高子沼グリーンランド

女性の声が聞こえたり、夜に行くと発狂したりすると言われている・・・

福島県の心霊スポット

幽霊ペンション

このペンションにてオーナーが地下室で自殺し、それを見て狂った妻が自分の息子を殺すという噂がある。

「赤い部屋」の場所

赤い部屋は福島県西白河群矢吹町神田西にある廃アパートです。

廃アパートの近くには矢吹町立三上小学校があり、そこは通学路沿いにあるそうです。

現在は管理者によって厳重に管理されているため許可なく侵入することはやめましょう。

その場所に侵入したり、物品等を持ち帰ることは法律で禁止されており行った場合は法律によって裁かれます。

created by Rinker
¥2,500 (2020/08/14 05:02:33時点 Amazon調べ-詳細)
福島県西白河郡矢吹町神田西138[map lat="37.199900899999996" lng="140.3860043" width="800" height="600"]