青森県八戸市にある「カローラ山荘」という廃墟を知っていますか?

山奥にある精神病患者の療養・隔離施設の跡地です。心霊スポット好きのあいだでは有名で、あの人気YouTuberのはじめしゃちょーも訪れたとか。

ここでは精神病患者が日常的に虐待を受け、敷地内には死体が埋められており、彼らの幽霊が出没するという噂があります。

また園内には宗教的な石像がいくつも立ち並び、そのため「本当は宗教施設だったのでは?」とも言われています。

今回は青森県八戸市のカローラ山荘の歴史を紹介し、本当に心霊スポットなのか、その真相をさぐります。

青森県八戸市の心霊スポット「カローラ山荘」には精神病患者の霊が出る?

先に書いた通り、カローラ山荘青森県八戸市の山奥にある廃墟です。

精神病患者のための療養・隔離施設の跡地なのですが、この山荘では、おぞましい噂が語られています。

精神病患者が日常的に虐待を受け、中には死亡した者もいるというのです。族の同意を得て、患者を殺したこともあったといわれ、近くの森には、その死体がいくつも埋められているといいます。

実際に廃墟に行くと、窓には鉄格子がなされ、外から木板を打ちつけれれているところもあります。暴れる患者を閉じ込めていたのでしょうか?

こういった理由から、カローラ山荘には死亡した患者たちの霊が出没するといわれ、心霊スポットとして有名になりました。あの人気YouTuberのはじめしゃちょーも訪れたことがあり、「誰もいないはずなのに声が聞こえた」と語っています。

カローラ山荘の心霊体験には他に次のようなものがあります。

  • 鉄格子の奥に人の顔が見える 誰かの声が聞こえる
  • 夜になると亡くなった患者の死体が土中からよみがえる
  • 「ジェットババァ」というカマを持った老婆の霊が追いかけてくる
  • 呪いによって不治の病に感染する

どれも恐ろしいですね。とくに最後の「不治の病に感染する」なんて、事実なら心霊抜きに行きたくありません。

これは一時期、カローラ山荘に行く途中の道に、「この先感染症に感染する恐れあり」と書かれた看板があったからだと思われます。噂によれば、森に遺体を埋めすぎて感染症が発生したというのです。

【謎の像と由来】青森県八戸市のカローラ山荘は宗教施設?

カローラ山荘にまつわる噂はこれだけではありません。

園内には複数の像がいくつも立っているのですが、これが不気味不気味。お釈迦様首なし地蔵ゾウなど、いかにもいわくありげで、昼間に行ってもゾッとすること間違いありません。

これらは実はすべて、インドの宗教オブジェなんですね。インド仏教では、ゾウの神様が有名です。

さらに「カローラ山荘」という名前も、「迦楼羅(カルラ)」というインドの神様からきており、そのため「迦楼羅山荘」とも呼ばれます。

こういった理由から、「精神病の施設というのは建前で、インドの新興宗教団体が運営する宗教施設なのではないか?」とも噂されました。

しかし、これらの精神病患者への虐待や殺人、まして宗教施設などという噂はすべて事実無根のデマです。

次からはカローラ山荘の歴史と、その正体をお話します。

【心霊スポット?】カローラ山荘の歴史と正体

カローラ山荘には、実は半世紀以上もの歴史があります。

創立は1964年。精神科医の千葉氏によって、精神病の医療施設として開かれました。

千葉氏は、現在青森県で最も規模の大きい精神病院「青南病院」の創立者として有名な、非常に評判のいい医者でした。

当時の精神病の治療といえば、とにかく薬を大量に投与するしかなく、その副作用として精神や肉体を壊した者も数多くいたといいます。

そこで千葉氏は、そんな精神病界に風穴を開けるべく、「芸術療法・作業療法・生活療法」を基本にした薬に頼らない治療をはじめます。そのために作られたのが、カローラ山荘でした。

インド仏教による芸術(ダンスやヨガ)には精神を開放し、精神病の症状を改善させる効能が知られていました。

今でこそ壊れかけて不気味な宗教的なオブジェも、すべて芸術療法のために作られた意味のあるものでした。

千葉氏の目指した芸術療法は評判を呼び、NHKや多くの本でも紹介されました。ミュージシャンの喜多郎氏や舞踏家の石井満隆氏などの芸術家も訪れ、インスピレーションを得たといいます。

もちろん虐待や殺人などの事件もありませんし、感染症が発生したこともありません。

千葉氏の死後は治療施設として使われることはなくなり、やがて廃墟になってしまいました。

おそらくは山奥に建てられた精神病患者の施設という情報から、隔離や虐待、虐殺といった根も葉もない噂が生まれてしまったのでしょう。まぁ実際、捨てられた石像はなにも知らない人が見たら、だれもが不気味に感じるとは思いますが……。

 

ちなみに心霊スポットマニアやYouTuberが多く訪れたことで、このカローラ山荘は現在は取り壊され、立ち入りも禁じられています。

不法侵入になるので、行くことは絶対にやめましょう。

今回は心霊スポットとして有名な青森県の廃墟、カローラ山荘について紹介しました。しかし噂にあるようなおぞましい歴史や事件はなく、すべて事実無根のデマでした。当然、霊も現れないと思われます。

とはいえ青森県には、不思議な歴史や恐ろしい風習がいくつも残っているのも事実です。

子殺しや人肉食の風習が残る「わらす河原」や、「キリストの墓」があるという伝説、村人が全滅した歴史を持つ心霊スポット「久遠寺」、200人近くの人が行方不明になった「八甲田山」などはオカルトマニアには有名ですよね。どれもオカルトオンラインでくわしく紹介していますので、興味のある方はぜひご覧ください。