レオナルド・ダ・ヴィンチといえば、「モナ・リザ」や「最後の晩餐」といった絵画が有名ですよね。

一般的には、画家として知られている人物です。

超天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画家以上に傑出した才能とは?

たしかに"最も"有名な功績は、人類史上最も有名な絵画を描いたこと。

しかし、ダ・ヴィンチが持っていた才能は、画家のそれだけではないのです。

彼を知れば知るほど、

  • いかに時代を先取りしていたか?
  • どれほどの天才だったのか?

ということが分かり、ただただ尊敬してしまいます。

以下からは、

  • ダ・ヴィンチが持っていた16の才能
  • その中でも傑出していた「画家」としての才能
  • 画家以上に優れていた、ダ・ヴィンチの意外な才能

これらを、たっぷりご紹介いたします。

[amazonjs asin="4163909990" locale="JP" title="レオナルド・ダ・ヴィンチ 上"]

ダ・ヴィンチが持っていた(ことが明らかな)16の才能

まずは、彼が人より優れていた才能の数々をご覧いただきましょう。

芸術・創造の才能

  1. 音楽
  2. 建築学
  3. 土木工学

数学的才能

  1. 数学
  2. 幾何学
  3. 物理学
  4. 光学
  5. 航空力学
  6. 水力学

生物学的才能

  1. 解剖学
  2. 生理学
  3. 動物学
  4. 植物学

地学的才能

  1. 天文学
  2. 気象学
  3. 地理学
  4. 地質学

……

幾何学とか地質学とか、画家とまったく関係ない才能までもれなく詰め込まれているのが、レオナルド・ダ・ヴィンチ。

彼は、人間が学ぶほぼすべてのジャンルを網羅している、

  • 各分野の天才の集合体
  • 天才を超えた天才
  • 真のパーフェクトヒューマン

なのです。。

[amazonjs asin="B073L4SJ97" locale="JP" title="PERFECT HUMAN (Type-B)"]

才能を持っていただけでなく、業績も残している。

彼の手稿や歴史から明らかになっている才能だけでも、ざっと16種類。

この中には、

  • ヘリコプターの概念化
  • 戦車の製図
  • 太陽エネルギーの理論化
  • 解剖した人体のデッサン

などなど、時代を先取りした発明や業績が数多くあります。

世に出なかった(出ればその分野を大いに発展させるレベルの)才能は、ダ・ヴィンチが書き残した13,000ページに及ぶ「手稿」から明らかになっています。

しかも、イケメンで性格もいい。

才能の数々に加えて、実はかなりの美男子だったとか。

しかも、自画像から想像できないほど人当たりがよく、ユーモアのセンスもあったといいます。

まさに、1ミリの隙もないパーフェクトヒューマンなのです。。

[amazonjs asin="B073L4SJ97" locale="JP" title="PERFECT HUMAN (Type-B)"]

ダ・ヴィンチが傑出していた「画家」の才能

超天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画家以上に傑出した才能とは?

当時から現在に至るまで、最も才能が評価・認知されている分野は、画家としてのダ・ヴィンチでしょう。

  • この世のすべての絵画で最も有名な、モナ・リザ
  • 最も多くの複製画が描かれている、最後の晩餐
  • 世界で最も有名なデッサン、ウィトルウィウス的人体図

名前を聞けば誰もが思い浮かべられる絵画を、ダ・ヴィンチはたった1人で描いてしまっています。

何より、それが画家一本で生涯を過ごした人物ではなく、いろんな才能の1つに過ぎなかったという事実。

まさに、天才中の天才です。

    [amazonjs asin="B01CUCX4OE" locale="JP" title="PERFECT HUMAN(TYPE-A)(DVD付)"]

    ダ・ヴィンチ一番の才能は、飽くなき探究心。

    超天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画家以上に傑出した才能とは?

    いくら才能があっても、それを使う情熱や活力が無ければ、宝の持ち腐れ。

    ダ・ヴィンチが持っていた最も優れた才能は、飽くなき「探究心」です。

    ダ・ヴィンチは、それこそ万物のあらゆる分野に興味を持ち、興味の深さも誰よりも深かったのです。

    「好きこそものの上手なれ」ということわざがありますが、ダ・ヴィンチはそれこそ目に見えるすべての物事が「好き」だったんじゃないでしょうか。

    私たちも、ダ・ヴィンチのような天才になれる。

    今はスマホで何でも物事を調べられて、とりあえずの答えが見つかる時代ですよね。

    たとえば、

    「お腹の中の赤ちゃんは、どういう格好をしていて、どうやって生きていて、どうやって生まれてくるんだろう?」

    という疑問が生まれたとします。

    普通の人なら、スマホで検索して答えを見つけるか、

    「まァ、いっか。」

    と、疑問のままほったらかして、次の瞬間にはその疑問さえ忘れてしまいます。

    [amazonjs asin="B073KT9M7P" locale="JP" title="PERFECT HUMAN ~Instrumental~"]

    しかしダ・ヴィンチは、明らかにしないと気が済まなかったのでしょう。

    だから、子宮内の胎児を手稿に描いてしまったのです。

    超天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の画家以上に傑出した才能とは?

    胎児に興味があったから、自分で解剖して、メモに書き残す

    という発想と行動力。。

    もはや"異常"なレベルの探究心ですよね(笑)。

    その、

    • 異常なほど湧き上がる、好奇心
    • 疑問を解明せずにいられない、探究心
    • 疑問を自身で解明できるだけの、行動力

    これらがあったことが、レオナルド・ダ・ヴィンチを天才たらしめているのです。

    言い換えるなら、好きなことに一生懸命に取り組むという才能。

    私たちの誰もが、ダ・ヴィンチと同じ才能を持っていて、それを発揮することができるのです。

    まとめ

    ダ・ヴィンチは、天才中の天才。

    だけど一番凄い「探求する才能」は、誰もが持ってる普遍的なもの。

    そう考えると、彼に対する親近感と、自分の可能性を感じますよね。

    [amazonjs asin="B01CUCX4OE" locale="JP" title="PERFECT HUMAN(TYPE-A)(DVD付)"]