オカルトオンライン

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット

Author: ISSE

新着

存在自体が奇跡!レオナルド版『最後の晩餐』を知り尽くそう【連載No.9】

15~16世紀のイタリアで活躍し「万能の天才」と称される人物、レオナルド・ダ・ヴィンチ。 そんな「天才」というイメージや、『モナ・リザ』を始めとする有名な絵画を描いた画家の印象が強いレオナルドですが、この連載では「レオナ […]

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を鑑賞できる美術館8選

「レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵画作品が鑑賞できる美術館」をご紹介していきます。レオナルド・ダ・ヴィンチが生涯に製作した絵画は、わずか十数点しかありません。つまり、彼の作品をすべて自分の目で鑑賞することは、実はそれほど難しいことではないのです。

マルチな才能を発揮!レオナルド・ダ・ヴィンチのミラノ時代【連載No.6】

今回は「レオナルド・ダ・ヴィンチのミラノ時代」と題して、彼の全盛期とも言えるミラノでのマルチな活躍をご紹介します。フィレンツェからミラノへと活動の場を移したレオナルドは、世界的な名画『最後の晩餐』を描き上げたり、自身の多才ぶりを公私を問わず発揮し、当時の最高の芸術家の1人として名を馳せるようになっていったのです!

未完だからこそ分かる凄さ!レオナルド・ダ・ヴィンチ作『荒野の聖ヒエロニムス』『東方三博士の礼拝』【連載No.5】

イタリアのルネサンス期に活躍した、万能の天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。今回ご紹介するのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「未完の作品たち」について。人体の解剖から発明まで、絵画以外の様々な物事にも興味を持っていたレオナルドは、典型的な遅筆の画家だったとされています。

斬新すぎた傑作絵画!レオナルド・ダ・ヴィンチの代表作『ブノアの聖母』【連載No.4】

ルネサンス期のイタリアで活躍し「万能の人」と称される偉人、レオナルド・ダ・ヴィンチ。今回は、レオナルドが画家として独立した後、最初に1人で描いたとされる作品『ブノアの聖母』の紹介・解説と、「この絵画に隠されたトリック」「斬新すぎたレオナルドの発想」などについてまとめています。

師匠を超える才能発揮!レオナルド・ダ・ヴィンチの修行時代【連載No.2】

「レオナルド・ダ・ヴィンチの修行時代」の紹介です。イタリアの大都市・フィレンツェでも指折りの工房だった「ヴェロッキオ工房」に弟子入りしたレオナルドの、「師・ヴェロッキオとの運命的な出会い」「絵画における、レオナルドの才能」「レオナルドの万能性を育んだ、最高の環境」などをご紹介していきます。

才能開花!レオナルド・ダ・ヴィンチの幼少期【連載No.1】

「万能」という言葉を聞いて、貴方はどんな人物を思い浮かべますか?これまでの歴史において、本当に多くの天才が現れてきました。そしてその中でも、あらゆる分野・ジャンルで多大な功績を残した「万能の天才」といえば、イタリア・ルネサンス期に活躍した「レオナルド・ダ・ヴィンチ」でしょう。
超有名画家13人一挙紹介!代表作品や逸話から、その魅力に迫る【一部閲覧注意】

超有名画家12人一挙紹介!代表作品や逸話から、その魅力に迫る【一部閲覧注意】

誰もが知る超有名画家の、本人と作品の魅力をざっくり紹介!「作品は超有名なのに、本人の知名度が低すぎる画家」「片手間で描いた絵画が、後世に多大な影響を残しちゃった人物」「超絶貧乏ながら、絵を描くことにすべてを捧げた人物」などなど、アートの魅力を知るきっかけになれば幸いです!

人類史上最高の天才は誰だ!?世界IQランキングTOP20

人類史上最高の天才は誰なのか?いろんな評価の仕方があり、また業績の大小などで浅はかに順位付けをするのはおこがましいですが、ここはあえて「知能指数(IQ)で比較するとどうなるか?」というテーマで、すべての分野から天才をピックアップしていきます。IQは推定値も含まれます。

雪崩?殺人?ロシアの陰謀?未解明の都市伝説「ディアトロフ峠事件」とは?

この世には、未だに解明されていない都市伝説が多々あります。その中でも「ディアトロフ峠事件」ほど、真相が分かりそうで分からず、都市伝説好きの好奇心をくすぐる出来事はないでしょう。「自然災害説」「殺人事件説」「ロシアの陰謀説」などなど、事件発生から50年以上経った今なお、謎が残る出来事です。

映画『IT』のモデル「ジョン・ゲイシー」の生い立ちと異常心理の考察

1972年から1978年の間に33名の少年を殺害し、平時はピエロに扮することが多かったことから「キラー・クラウン」と呼ばれたシリアルキラー、ジョン・ゲイシー。同性愛を隠すため犯行に及んだり、殺害前の少年を強姦したりと、その異常性ばかりが際立ちますが、彼の生い立ちもまた興味深いんです。

猟奇殺人犯「エド・ゲイン」のヤバすぎエピソード5選と異常性の考察

『サイコ』『悪魔のいけにえ』『羊たちの沈黙』これら古典ホラー映画に多大な影響を与えた、猟奇殺人犯「エド・ゲイン」。大量殺人鬼のイメージがあると思いますが、実は生涯に殺害した人数は「2人」だとされています。"たった"といういい方は適切ではありませんが、なぜ2人しか殺害していないエド・ゲインが、これほど有名なのか?