2019年2月頃から急にネットで心霊スポットとして有名になった『薬師堂のマキ』。埼玉県さいたま市にあるこの大木は、近くに心霊スポットとして有名な『秋ヶ瀬公園』が近く、夜間は照明もなく真っ暗な闇の世界へと変わります。

昭和時代にさいたま市の天然記念物に指定されているこの大木自体には事件や事故といったものは伝えられていませんが、周辺で自殺や事故などが相次いでいるという現状があります。

「幽霊が出る」といったうわさがある一方で昼間にこの場所を訪れた人気YouTuberの動画によって、一部の現象の謎が解けたことにより心霊スポットではないのでは?という疑問を持つ人もいるようです。

▼本当の恐怖動画はこちら▼

さいたま市の天然記念物に指定されている「薬師堂のマキ」とは

心霊スポットとして有名になってしまった『薬師堂のマキ』ですが、さいたま市の文化財・天然記念物に指定されているのをご存じでしょうか?

1964(昭和39)年に天然記念物に指定されたマキ科の常葉樹で、この樹木は一般家庭の庭などでも目にすることも多いです。荒川自然堤防の中にある薬師堂の前庭に植えられているのですが、天然記念物に指定された当時は幹周りが約2m、高さが約17mもある大木で、今でも自然な姿で存在しています。 

以前は集落があった場所

薬師堂のマキのある場所は『塚本集落』という小さな集落で、過去には人も住んでいました。しかし1999(平成11)年に起きた水害で、今では住んでいる人はなく建物や田んぼがあるだけ。

文化財でもある薬師堂のマキは所有者がいてしっかりと管理され、昼間には薬師堂にお参りに行く人の姿もありますし、田んぼや畑が周辺にあるため日中は農作業中の人の姿を見ることもあります。

周辺に心霊スポットとして有名な場所がある

薬師堂のマキの近くには埼玉県の心霊スポット『秋ヶ瀬公園』がありますが、この公園で幽霊の目撃談や心霊現象体験などのうわさが絶えません。さらに自殺者も多く出ているので、その流れで薬師堂のお堂の前庭にあるマキ周辺でも幽霊が出ると言われるようになったのかもしれませんね。

薬師堂のマキ周辺で起こる心霊現象とは?

急激に心霊スポットとして有名になった『薬師堂のマキ』ですが、この場所で見た幽霊や起こった心霊現象には次のようなものがあります。

薬師堂のマキに現れる幽霊や怪奇現象
  • 写真撮影したら顔が映った
  • ラジオのような音が聞こえる
  • 竹林から人がのぞき込んでいた
  • 人の姿は見えないが気配を感じる
  • 近くで首つりをした幽霊が歩いているのを見た
  • 周辺から声が聞こえる
  • 車のラジオにノイズが入るなど

『薬師堂のマキ』やお堂についての不気味なうわさはありませんが、その昔ここは源平合戦の戦場になっていた場所という話もあること、そして『秋ヶ瀬公園近く』ということもあって、このような現象が起こるとうわさされているのかもしれません。

薬師堂のマキを訪れたYouTuberたち

心霊系人気YouTuber『ゾゾゾ』のメンバーが、2019年2月に現地に行った動画をUPしています。

こちらの動画では夜間に行っていますが、街頭もなく真っ暗な道を進んでいるのがいかにもやばそうな雰囲気。薬師堂のマキに行くまでに、周辺から物音が聞こえているシーンもありますが、野生動物が動いていたのではないかと考えることもできるので本当に霊が現れたのかは微妙かもしれませんね。

同年9月にはオカルト系で人気の『STスタジオ』のメンバーも、薬師堂のマキを夜間に訪れ怪奇現象を体験しています。

STスタジオメンバーの場合は、ネットに載っていない心霊スポットとして紹介しています。薬師堂のマキに向かう途中の車中から怪奇現象が起きているうえに、現地に到着すると耳鳴りがするというメンバー。前後編になっているので、後編を見るのもお忘れなく!

心霊スポットとして有名になったのは2019年以降

『薬師堂のマキ』は過去にも心霊スポットとして紹介しているサイトやブログはあったものの、あまり知られていませんでした。

しかし突如ネット上で心霊スポットとして広まったのは、2019年2月ころで、ちょうどゾゾゾがYouTubeで動画をUPしたあたりから。彼らが動画をUPしてから全国に心霊スポットとして広まっていき、他のYouTuberも動画撮影に現地に行った様子をUPした、という流れができてしまったようです。

不気味なラジオの音の正体が判明!?

ゾゾゾメンバーが『薬師堂のマキ』を訪れた際に聞こえたラジオのような音。暗闇の中、建物周辺から聞こえる不気味な音声に恐怖を感じていたメンバーでしたがその正体は後日、別のYouTuber『とぅーすとらっぷ』によって解明されています。

ラジオの音は周辺農家が使用している獣除けだった!

とぅーすとらっぷのメンバーは夜間ではなく昼間に現地に行った様子をUPしています。昼間に行くと夜間ではわからなかった部分が多く解明されていますが、ラジオの音は『近くの畑を荒らす獣除け』が目的で、農家の方が夜間流していたもののようです。

ラジオの音のする付近の建物の扉にあった御札は『盗賊除け』だったことが判明。動画では小屋については触れていないものの、近くにトラクターなどがあることから農家の方が使用している小屋ではないかと判断できますね。

心霊スポットではなくパワースポットという人も

八幡社の祠があることから、動画の画像で祠に顔が見えたのは霊ではなくお祀りされている神様なのではという人もいます。神様が祀られているため、パワースポットではないかというのですが…。 

もしかするとこの周辺で見かけられる幽霊たちは、ここでお祀りされている神様に救いを求めてさまよっているのかもしれませんね。

まとめ

筆者的には『薬師堂のマキ』での心霊現象は、祠やあの木が原因ではなく、『秋ヶ瀬公園』側で起きた自殺や事故などの犠牲者の霊が彷徨っているのではないかと思うのですが…。

『薬師堂のマキ』は文化財として保護されているため、管理者がいること・周辺の畑も所有者がいることなどから、面白半分に肝試しなどに行くと管理者や純粋に祠にお参りに行く参拝者に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

市の指定文化財になっていること、近くに有名な心霊スポットがあることなども考慮すると、『薬師堂のマキ』の心霊スポット度合いは低めでそっとしておいたほうがよい場所なのかもしれませんね。

埼玉県の最恐心霊スポットランキングはコチラ→【知りたくなかった】埼玉県のヤバい心霊スポットランキング!