• 宇宙人
  • 火星人
  • 人間の振りをするのが非常にうまい、悪魔

などと、いい意味で(?)散々な言われようをされている、圧倒的な頭脳を持つ人物「ジョン・フォン・ノイマン」。

ジョン・フォン・ノイマン

数学者でありながら、天才的な頭脳と応用力で、他分野でも数々の業績をあげた「人類史上最高の天才」と称される人物です。

そんな超人ノイマンに関する、

  • 逸話の数々
  • ノイマンを天才たらしめた4つの才能

を紐解いていきます。

ノイマンの人物像

ジョン・フォン・ノイマン

ジョン・フォン・ノイマンは、中央ヨーロッパのハンガリー出身の数学者。

1903年に生まれ、1957年2月8日にガンで亡くなっています。

皮肉にも、自身が関わった原爆実験(マンハッタン計画)が原因とされています。

近代に活躍した人物のため、ノイマン自ら書籍をいくつか出版するなど、彼本人に関する情報は「謎」というほど神秘的ではありません。

だからこそ、誇張無く語られる逸話の数々に、ただ唖然とするばかり…。

その逸話の数々を、才能別にご紹介します。

人類史上最高の天才が残した、逸話の数々

ジョン・フォン・ノイマン

彼の天才エピソードを、いくつか羅列してみましょう。

数学的才能

  • 6才で8ケタの割り算ができた(日本では8才で割り算を習い始める)
  • 8才で微分・積分をマスターした(高校レベル)
  • 12才で複素解析(関数論)の教科書を読破した(大学レベル)
  • 17歳で最初の論文(「ある種の最小多項式の零点と超越直径について」)を書き、その論文がドイツ数学会雑誌に掲載された
  • 30歳でプリンストン高等研究所のメンバーとなった(4人のメンバーのうち1人は、かの有名なアルバート・アインシュタイン)
  • 電話帳に書かれた番号すべてを一瞬で足し算するという「遊び」をしていた
  • 「ノイマン型コンピュータ」といわれる、今のコンピュータの基礎と動作原理を考案した

    経済学的才能

    • 経済学の分野で多くのノーベル賞受賞者を生み出した「ゲーム理論」の基礎を確立した

    [amazonjs asin="B0132PPQ9O" locale="JP" title="マンガでやさしくわかるゲーム理論"]

    語学的才能

    • 6才でギリシャ語を習得。ジョークを言えるレベルだった
    • 『世界史(全44巻の歴史書)』やゲーテの小説を、一字一句間違えず暗唱できた

    気象学的才能

    • 気象予報に、数理モデルとコンピュータを初めて活用した
    • 天気を操るアイデアを提案していた

    その他

    • 中高一貫校を主席で卒業した
    • 23歳で、数学・実験物理・化学の博士号を同時に授与された
    • あまりの才能に、「彼がノーベル賞を受賞できなかったのは、受賞資格が『人間であること』だからだろう」というジョークが作られた

    参考文献:フォン・ノイマンの生涯

    [amazonjs asin="4022597100" locale="JP" title="フォン・ノイマンの生涯 (朝日選書)"]

    ノイマンの才能「4つの正体」

    ジョン・フォン・ノイマン

    ノイマンは、主に4つの才能が並外れて優れていたと考えられています。

    その4つとは、

    1. 計算力
    2. 思考力
    3. 記憶力
    4. 応用力

    これらの才能が、彼を「宇宙人」と言わしめるほど、他の人間を圧倒するものだったとされています。

    才能1.計算力

    計算力については、上記の逸話の通り。

    ノイマンの才能の土台には、ずば抜けた計算力があります。

    才能2.思考力

    ノイマンは、紙とペンだけでノーベル賞級の説を立証するなど、深く思考する力にも長けていました。

    「興味のあることは徹底追及し、興味のないことは完全無視する」という、天才の特徴に当てはまるエピソードも残っています。

    それが、こちら。

    何十年も居住している家の棚の食器の位置すら覚えられなかった。

    当時の成績表によると、ほとんどの科目は「優」であった。

    いっぽう、例外的に習字・体育・音楽の成績は落第すれすれの「可」であった。

    興味の無いものには最低限のエネルギーしか使わず、興味のあるものに対して100%のエネルギーを費やす癖があったようです。

    才能3.記憶力

    瞬間記憶能力にも長けており、デジタルカメラのように必要な記憶・光景を鮮明に思い出すことができたそうです。

    ただし上記の通り、興味のあるもののみ。

    才能4.応用力

    すでに存在する理論を組み合わせたり、無駄なものを省いたりしながら、新しいものを作り出す能力にも長けていました。

    一言で表すなら「1を10や100にする才能」がずば抜けていた。

    逆に「0から1を生み出すクリエイティブな能力」はまったくと言っていいほど持っていなかったとも言われています。

    人類史上最高の天才と言われる理由

    ジョン・フォン・ノイマン

    ジョン・フォン・ノイマンの業績は、多数の能力が組み合わさって生まれたものに見えますね。

    しかも、その能力1つ1つが宇宙人級に凄く、誰も共感できないレベルだった。

    だからこそ彼は、「人類史上最高の天才」と呼ばれるようになったのでしょう。

    逸話を垣間見るだけでも、人間の可能性が広がるようでワクワクしてきますね!

    彼をテーマにした書籍は、「同じ人間か!?」という驚きと可能性に満ちてて、最高にワクワク・ゾクゾクしますよ……。

    [amazonjs asin="4480095713" locale="JP" title="ノイマン・コレクション 数理物理学の方法 (ちくま学芸文庫)"]