京都といえば華々しい日本の都。しかし過去には多くの人の血が流れ、今でも妖怪変化がはびこっているという裏の顔ももっています。

そんな京都府には、当然数多くの心霊スポットが存在します。今回はその中でも八幡市の心霊スポット「軍人病院(ビルマ僧院跡)」についてお話したいと思います。

全国の八幡社の総本社である「石清水八幡宮」がある「男山」にひっそりとたたずむ廃墟です。戦時中は軍人病院だったともいわれますが、新興宗教の施設だったという記録も残っていることから「ビルマ僧院跡」とも呼ばれます。

数年前、軍人病院へ肝試しに行った少年が祟りを思わせる亡くなり方をして、有名になった心霊スポットです。

はたして病院だったのか? 宗教施設なのか? 祟りは本当にあったのか? 詳しく追及していきます。

▶本気の霊視を体験してみたい方はここをクリック

 

京都府八幡市の心霊スポット:軍人病院?ビルマ僧院跡?

京都府八幡市八幡西高坊[map lat="34.88333710000001" lng="135.6999937" width="800" height="600"]

軍人病院は、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)が鎮座する男山の鳩ヶ峰にあります。

ビルマ僧院跡野戦病院血の病院八幡の廃墟などとさまざまな呼ばれ方をした、京都の有名な心霊スポットでした。

男山のふもとの、山頂へ向かう男山ケーブルカーの脇に、草ヤブへ続く階段がひっそりとのびています。軍人病院はこの先にあったのですが、今ではもう取り壊されたともいわれています。

というのも階段の先が柵の扉で通行止めになっており、「立入禁止」の看板があるように探訪はかないません。監視カメラもあり、むやみに入っては不法侵入で捕まりかねないのでやめましょう。

現存しているのか本当に取り壊されたのか、今となっては関係者にしかわかりません。

では、かつてこの先にあった軍人病院とは、どんな心霊スポットだったのでしょうか。

かつては階段に柵もなく、とにかく雑草やら草ヤブやらに覆われていたといいます。そのため誰もこの階段を登る者はいませんでした。

しかしいつの時代も廃墟マニアや心霊スポットマニアは怪しい匂いを嗅ぎつけるのでしょう。草ヤブをかきわけ上へ登ると、コンクリートでできた2棟の廃墟を発見しました。

医療道具やカルテが散乱しているという噂や、近くに「天業恢弘八紘一宇」の石碑(第二次世界大戦時のスローガンの1つ)や墓地があったことから、いつのまにか「軍人病院」と呼ばれるようになり、心霊スポットとして知名度を集めます。

しかしこの廃墟、実は病院とはまったく関係のない建物でした。

日本釈尊正法会という宗教法人の寺院……が作られる予定だったモノの跡地です。

1957年、ビルマ仏教を布教するための「ビルマ仏教布教センター」として、1957年に建設が開始されました。信者会館やお堂などのほか、高さ30メートルの僧院も作られる予定だったため、「ビルマ僧院」とも呼ばれます。

しかし資金難と、石清水八幡宮側や男山の土地所有者との話し合いがまとまらず、計画は断念。施設跡だけが残ることになりました。

近くにある「天業恢弘八紘一宇」の石碑もビルマ僧院とは無関係のもので、当然カルテや医療器具があるはずもありません

ただし2010年の事件(後述)時に、八幡市在住の82歳の男性から「戦時中、結核の隔離病棟があったと記憶している」と証言があったように、男山のあたりに戦時中病院が建っていたという噂はあったようです。

出典:スポーツ報知大阪版

この噂や第二次世界大戦時の石碑、そして廃墟の外観が病院に似ていたことから「軍人病院」と呼ばれるようになったのでしょう。軍人病院だと認識して廃墟に訪れた者は、宗教施設の道具や紙資料を、医療器具やカルテと見間違えたと思われます。

2010年の交通事故は軍人病院(ビルマ僧院跡)の祟りなのか

では軍人病院はただの宗教施設跡で、病死者の霊もいない。ならば心霊スポットではないのか……というと、そういうわけでもありません。

もともとこの辺りでは、不審死や事故死が多いと有名でした。

たとえばこれも男山のふもとにある旅館跡なのですが、首つり自殺者が出た、一家心中があったなど奇怪な噂が多く、こちらも廃墟と化しています。「八幡市の廃墟」、「京阪沿線の廃屋」、「一家心中の廃屋」などと呼ばれています。

首つりといえば、今年2020年のお正月にも男山で首つり自殺があり、「石清水八幡宮で自殺者がでた」と騒がれました。

また八幡市京都本線の踏切では死亡事故が昔から多発しており、地元民のあいだでは「また起こってしまったか」と認識されているほどでした。踏切の前にカーブがあり見えにくいため……と考えられていますが、もしかしたら、軍人病院(ビルマ僧院跡)と関係があるのかもしれません。

そう思わせるのが、2010年8月24日に起こった16歳の少年の死亡事故です。

大阪府在住のYさんは、男女5人で心霊スポット(軍人病院)を探索していましたが、いよいよ見つけることができませんでした。

あきらめてもう帰ろうとしたとき、Yさんが突然「もう一度探しに行ってくる」と言いだし、1人で夜の闇へ消えました。

友達の少女は当時のYさんの様子を、「まるで何かに呼ばれているようだった」と話しています。その後、Yさんは友達のもとへ戻ることなく交通事故に遭い、命を落としました。

奇妙だったのは、Yさんが踏切から線路に入り、そこで事故に遭ったという点です。単なる踏切事故ではないのです。

この怪しい事故は、「軍人病院の祟り」と騒がれ、当時関西では大きく取り上げられました。

▼本当の恐怖動画はこちら▼

そのため軍人病院が再び心霊スポットとして脚光を浴び、マニアがつめよることとなり、近隣住民への迷惑防止のためにも柵が設置され、今や立ち入り禁止となったのです。

事故と軍人病院の因果関係はわかりませんが、軍人病院を探して事故にあったのは事実です。

心霊スポットへの行き帰りに事故に遭った、事件に巻き込まれたという話はよく聞きます。

福岡県の旧犬鳴トンネルへの肝試しの帰りに死亡した事故が1992年と2001年に起こっていますし、富山県の心霊スポット「坪野鉱泉」を訪ねた女性2人組が行方不明となり、25年以上を過ぎた2020年3月に遺体で発見されたことは記憶に新しいでしょう。

どちらもオカルトオンラインで詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

霊とか怨念とかいう以前に、心霊スポットへ行くことはやめておいた方が良いのかも知れません。

心霊スポットはたいてい行きづらい、事故に遭いやすい場所にあります。

自戒を込めて。

created by Rinker
¥635 (2020/08/21 17:09:34時点 Amazon調べ-詳細)

京都府の最恐心霊スポットランキングはコチラ→【闇が深い】京都府の最恐心霊スポットランキング!