"バイトが終わったら一緒にお祭りに行こうね"

その約束は果たされぬまま、夏休みの女子高生ふたりの生涯は突如終わりを迎えることに。
勉強、恋愛、アルバイト。彼女たちの夏は始まったばかりだった―。

今回取り上げる未解決事件は『八王子スーパー強盗殺人事件』。2人の高校生を含めた女性従業員3人が射殺され、迷宮入りとなった事件です。通称「ナンペイ事件」と呼ばれているので、この名称でピンとくる方もいることでしょう。

【考察シリーズ】第7弾。今回もまた、本記事筆者 テンペ・ワゾウスキが未解決事件を独自の視点やリサーチに基づいて徹底解説。記事の終盤には事件の考察を展開謎多き未解決事件の真相に迫ります。

※本記事で記述している各情報は、筆者が精査し"信憑性が高い"と判断したものです。また、本記事のおわりに結論として示す「真相」とは、筆者による考察のことを指します。

『八王子スーパー強盗殺人事件』の概要

1995年(平成7年)7月30日
事件の舞台となったのは、東京都八王子市大和田町の「スーパーナンペイ 大和田店(以下:ナンペイ)」。その2階事務所内で拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。
この事件の被害者となったのは、いずれも同店に勤める稲垣 則子さん(47歳)、前田 寛美さん(16歳)、矢吹 恵さん(17歳)。※年齢はいずれも事件当時

犯行時刻は21時15分から20分の間といわれており、僅か5分以内に行われた犯行であったと推測されている。
事件当夜、店の斜向かい(はすむかい)の公園では盆踊り大会の祭りが開かれており、殺害された前田さんと矢吹さんはこの祭りに行く予定であった。

スーパーナンペイ 大和田店

事件の舞台となった「ナンペイ」は住宅街の中にあり、比較的小規模の店舗であった。そのため、従業員はアルバイトを含め計20人ほど。決して大手スーパーとは言えないながらも、地域住民に親しまれた"地域密着型"のスーパーマーケットであった。

営業時間は午前10時~午後9時まで。この店舗の責任者であったのは、スーパーナンペイグループの専務。毎朝、営業前に事務所を開けるのは専務が行っていた。

事件の被害者


殺害された3人の被害者

稲垣 則子さん


事件当時47歳。"美人"と評判の独身であった。
稲垣さんはパート従業員として夜間に勤務。店長などの責任者は開店から出勤して夜間には店に不在のため、夜の営業時間帯には"夜間店長"として彼女が店長代理を務めていた。また事件直前のある日、稲垣さんは夜間金庫係に任命され、閉店時における売上金の取り扱いを任されることになった(それまでは専務がこれを行っていたと思われる)。

長年、飲食店を経営していた稲垣さんであったが、店をたたんで介護福祉士を志すようになる。そこで試験勉強の傍ら、同店で働いていた。
実は稲垣さんは一度店を辞めており(退職した理由は後述)、奇しくも稲垣さんが再び働きはじめたのは、事件の起きた7月であった。
店での役割や殺害状況から、周囲からの信頼が厚く責任感の強い人であったことが窺える。

矢吹 恵さん


事件当時17歳の高校2年生。店のすぐ近くに自宅があった。
子どもが大好きで、夢は保育士になることであった。青春真っただ中ともいえるこの夏休みには、友達との予定をたくさん詰め込んでいたという。

前田 寛美さん


事件当時16歳の高校2年生であり、矢吹さんとは小学生からの幼馴染であった。
前田さんは高校生活の傍らボランティア活動を積極的に取り組み、地元の老人ホームでは評判であった。"真面目で気配りができる"と周囲から好感を持たれていた。


事件の解説(時系列でみる事件当日の経過)は【パート2】にて。