都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット|オカルトオンライン

「超文明」の記事一覧

新着

モヘンジョダロ遺跡に残された物的証拠【連載:古代核戦争説について】最終話

「世界規模での災害、もしくは戦争などの争いがあった」という共通した古代のメッセージにたどり着きます。そんな古代からのメッセージを代表する地域が世界四大文明の1つ。インダス河の周辺に拡がっていたとされる「インダス文明」です。

叙事詩「マハーバーラタ」に記載された古代兵器【連載:古代核戦争説について】第4話

ここまでいくつかの神話や叙事詩に残された古代の超文明や、核兵器を連想させるものについて紹介してきましたが、これら叙事詩や神話、伝承に残された記録の中でも最も古代の戦争を描いているとされるのが古代インドの叙事詩である「マハーバーラタ」と「ラーマーヤナ」と呼ばれる2種類の書物です。

オーパーツが示唆する時代錯誤【連載:古代核戦争説について】第3話

メキシコのパレンケ遺跡という場所から出土した石棺にはロケットに乗る古代の人類の姿をが描かれているという説があります。石棺を横長く見ると何かにまたがっているように見えるレリーフが刻まれていますが、縦長く(いわゆる棺として正面から見た場合)には、生贄の祭壇に横たわった人の姿に見えるのです。

世界の神話が示す終末の共通点【連載:古代核戦争説について】第2話

古代核戦争説の根拠としてよく取り上げられるのが、世界各地の神話などに残された遠い過去に起こったとされる「大きな災い」の記録です。一般的にはこれらの大きな災いとは天災を表しているという説が主流ではあります。しかし、古代に残された書物は叙事詩という詩の形態で書かれていることが多いのです。

人類の進化と歴史はアヌンナキに操られているのか「連載:アヌンナキとミッシングリンク最終話」

シュメール人が残した痕跡とセガリア・シッチンによる解読結果、後期バビロニア神話に残された、アヌンナキの神としての痕跡、さらに、進化論の落とし穴であるミッシングリンクとホモ・サピエンスの進化の謎などを交えて「アヌンナキ」が複数の宇宙人であり、それらが神として人類に関わった可能性についてを照らし合わせてきました。

進化論の落とし穴と起源のミッシングリンク「連載:アヌンナキとミッシングリンク第3話」

遺伝子研究が進んできたころ、このような研究結果が発表がされたことがありました。しかし実際のところは少し違っています。もともとチンパンジーから取り出されたDNAと人間から採取したDNAの情報は大きく違っているのです。 人間の染色体の数は23対であり、チンパンジーの染色体の数は24対です。

シュメール人に創造主と呼ばれたアヌンナキとは?「連載:アヌンナキとミッシングリンク第2話」

創造主アヌンナキの記述が残されていたとされるメソポタミア文明はチグリス川とユーフラテス川を中心として発展した複数の民族文明の総称です。メソポタミア文明は古代エジプトよりも早くに農業などを始めていたと言われており、一説には世界四大文明の中で【最も古い文明】であったとされています。