都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット|オカルトオンライン

「第二次世界大戦」の記事一覧

新着

軍神か?鬼神か?日本が誇る不死身の最強軍人・舩坂弘

第二次世界大戦中、圧倒的に不利な状況で日本とアメリカの激戦区となった『アンガウルの戦い』。この戦いで多くの兵士が命を落とす中、『不死身の分隊長』・『鬼神』とまで呼ばれた舩坂弘軍曹はその武術もさることながら、驚異的な回復力と幸運により奇跡的に生還し静かな余生を過ごしていました。 学校の授業では語られることはありませんが、その戦績を戦史に刻まれたのは彼一人。世界的に有名な『シモ・ヘイヘ』や『ハンス・ウルリッヒ・ルーデル』と並び、リアルチート軍人とまで呼ばれています。しかし敵軍であるアメリカ兵からはその生存能力の高さや国を思う気持ち、1人でも一矢報いようとする姿勢などから称賛を浴び、アメリカ軍の軍医と戦友になったほど。 一体舩坂弘とは、どんな人物だったのでしょうか。そして彼が戦い抜いたアンガウル島での戦いとはどのようなものだったのでしょうか。

防空頭巾を被った少年と着物の女性が目撃される「淀川橋梁(赤川鉄橋)」

大阪市の淀川を跨いでいる鉄道橋「淀川橋梁」。 この鉄橋は別名「赤川鉄橋」とも呼ばれていおり、日本で唯一人間の足で渡って通ることのできる鉄道橋なのです。 この鉄橋では防空頭巾を被った少年と着物をきた女性が目撃されるそうです。 今回の記事では、そんな「淀川橋梁(赤川鉄橋)」の心霊現象について詳しく紹介していきます。

ソ連はおろか味方のヒトラーですら恐れたWW2最悪の人外撃墜王!ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

世界三大リアルチート軍人のひとりでありエースパイロットとして有名な空の魔王・ハンス・ウルリッヒ・ルーデルは、その能力は1人で一個師団に当たるとも伝えられているんです。ドイツでは英雄とたたえられその戦果は世界記録となっているだけででなく、彼の逸話は嘘と虚言にまみれたあのアンサイクロペディアでさえ、多くの本当のことを書かざるを得なかったほど。

ヒトラーは死んでない?死体すら見つからなかった独裁者【連載:オカルト・ナチス 最終話】

ナチス・ドイツやヒトラーについて少し興味を持った人であれば、一度は聞いたことがあるかもしれないが、歴史上ではヒトラーはベルリンの地下で愛人のエヴァ・ブラウンと共に自殺を図った後に死体を敵国に渡さないように指示していた。とされている。 しかし、ある説によるとヒトラーは実は死んでおらず、「Uボートで秘密裏に国外へ脱出した」「チベットのナチス支援者を頼って逃げた」というような、いわゆる”ヒトラー生存説”が囁かれている。 ヒトラーが生きているとなれば、困るのは戦勝国側であるが、何故ヒトラーに限っては生存説があるのかをここでは紹介しようと思う。

大東亜戦争のまとめ

第二次世界大戦…大東亜戦争についてのシリーズ記事をまとめてご紹介します! 学校では教えてくれない第二次世界大戦の話です。 大東亜戦争・第二次世界大戦の記事 大東亜戦争は侵略戦争ではなかった…パラオの国旗が意味するもの 日 […]
汀公園

和歌山県のヤバイ心霊スポット「汀公園」

今回紹介するのは和歌山県にある「汀公園(みぎわこうえん)」です。 この公園はかつて戦時中の空襲により748人の方が亡くなった場所なのです。 今回はそんな「汀公園」の歴史や心霊現象について紹介していきたいと思います。

戦後の動きに見るナチス・ドイツの黒い科学技術【連載:オカルト・ナチス】

ナチスの高官であった兵士達も我先にと外国への逃亡を試みたが、逃亡中や逃亡先で死亡したり多数の戦犯確実となった幹部は自殺やニュルンベルク裁判において死刑を言い渡された。 しかし、実はこの一連の戦後処理の裏でアメリカが密かにおこなっていた、とある作戦がある。 その内容は当時、世界一を誇った科学技術や頭脳を持った優秀な科学者達をドイツ本国からアメリカへと連行することであった。

硫黄島の最恐心霊体験5選【自衛隊の怖い話】

硫黄島は今でも一般人の立ち入りは禁止されています。その理由は、とにかく多くの幽霊が出るからだとか。硫黄島の戦いでは2万4000人以上の死者が出ており、今でも大量の人骨が埋まったままになっています。今回は自衛隊員が体験した、硫黄島の怖い話や心霊体験を5つ厳選して紹介します。

大戦後のロシアで日本人を支えたロシア人妻がいた

第二次世界大戦後の旧ソ連でスパイ容疑をかけられた日本人を支えたロシア人妻クラウディアと、蜂谷さん、そして、50年夫の帰りを待った久子さん。クラウディアは最愛の夫を日本に帰国させ、ある手紙を渡しました。リヒャルトゾルゲが日本で処罰されたとほぼ同じ時期に旧ソ連ではこんなことが起こっていたのです。