都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット|オカルトオンライン

「未解決事件」の記事一覧

新着

1902年に起きた妊婦が刺殺された事件「ローズ・ハーセント」

今回は妊婦が切り裂かれると言った悲惨な事件を紹介します。 この事件では正式な判決が出される前に容疑者が死亡してしまうといった、イギリスの歴史上まれな結末を迎えてしまったのです。 現在では他殺なのか?それとも事故死?なのかははっきりと解っていないのです。

誰も起訴されずに終わった未解決事件「ジャン・タウンゼントの殺人」

今回はイングランドで起きた未解決事件について紹介していきたいと思います。 この事件は、広範的に捜査が行われたのにもかかわらず半世紀たった今でも未解決のままなのです。 そんな不可解な点を数多く残した「ジャン・タウンゼントの殺人」について詳しく解説していきたいと思います。

【未解決事件】毒殺された「ヒューバート・チェヴィス」

今回の記事では猛毒を使用し殺された「ヒューバート・チェヴィス」について紹介したいと思います。 この記事では事件の詳細はもちろん、使用された毒物に関することも詳細に解説しています。 この事件に興味のある方はぜひ読んでみてください。

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -10- 【考察シリーズ】

【八王子スーパー強盗殺人事件」:本記事筆者 テンペ・ワゾウスキによる考察】 -犯行時の様子- 犯人(実行役)が被害者3人を事務所内に押し戻した後、犯人は拳銃で稲垣さんを脅し、矢吹さんと前田さんそれぞれの片手同士を拘束させた(拘束に用いたのは自身で持ち込んだ粘着テープ)。次に—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -7- 【考察シリーズ】

【事件の容疑者】-元自衛官の男- この男の存在は「週刊文春 (2001年11月22日号)」が報じたことで明るみになった。 同誌は「ナンペイ事件の犯人の実名を挙げた暴力団関係者(以下:A)の手紙がある」と報じた。この手紙は、別件で拘留されていたAが別の拘置所の知人に宛てたもの。 この手紙によれば—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -5- 【考察シリーズ】

【怨恨説】-1. 稲垣さんは生前に人間関係のトラブルを抱えていた- 稲垣さんを知る関係者によると、稲垣さんは気性の荒い性格であったという。それ故に、人間関係のトラブルが度々あったといわれている。このトラブルというのは、いずれも男性絡みであった。 例えば、飲食店で連れの男性を激しい口調で罵倒している様子がしばしば目撃されていたほか—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -4- 【考察シリーズ】

【強盗説】-1. 店のセキュリティ面に問題があった- 本事件の舞台となった「ナンペイ」は、セキュリティ面においてその建物の造りに瑕疵(かし)があったこと、経営陣を含めた従業員の防犯意識が希薄であったことは否定できない。 例えば、同店は店舗内と事務所が建物内で行き来できない造りになっており、売上金を事務所内に保管するためには—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -3- 【考察シリーズ】

【発砲した時刻について】 稲垣さんが知人男性に電話をかけてからこの銃声が鳴るまでは、約2分30秒であったといわれている(ウィキペディアより)。これは事務所電話の通話記録と銃声を聞いた人の証言から算出している。 これに基づけば、3人は事務所を出てからおよそ2分ほどの間に事務所内に押し戻された上、殺害されていることになる。しかし—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -1- 【考察シリーズ】

1995年(平成7年)7月30日。 事件の舞台となったのは、東京都八王子市大和田町の「スーパーナンペイ 大和田店」。その2階事務所内で拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。 この事件の被害者となったのは、いずれも同店に勤める稲垣 則子さん(47歳)、前田 寛美さん(16歳)、矢吹 恵さん(17歳)。※年齢はいずれも事件当時

【未解決事件 】男が書き残した「YOGTZE」の意味とは??

今回は今もなお謎が多く残されている未解決事件について紹介したいと思います。 この事件では、とある男性が「YOGTZE」と書き残し失踪を遂げました。 その後、遺体となって発見されました。 今回の記事はこの未解決事件について詳細に紹介していきたいと思います。