オカルトオンライン

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット

「三国志」の記事一覧

新着

【三国志】蜀の軍師 諸葛亮孔明は大きな戦が苦手だった?魏書に名前のない幻の天才

『死せる孔明生ける仲達を走らす』という言葉があるように、当時魏の軍師であった司馬懿を大いに翻弄した逸話でも有名です。 しかし、この言葉が生まれた蜀の北伐は成功することなく諸葛亮孔明もその生涯を終えます。 また、諸葛亮には不思議な逸話も残っており、ここまで後世に名前が知られているにも関わらず曹操が諸葛亮孔明に触れている形跡がないのです。 今回はそんな諸葛亮孔明について紹介していこうと思います。

三国志で一番悪いやつは曹丕だとしか思えない理由

皆さんは三国志に登場する悪役と聞くとどんな人物を想像するでしょうか? 暴虐の限りを尽くしたと言われる董卓?それとも裏切りに裏切りを重ねた呂布?あるいは曹操? 細かい動きを考えると、『悪役』と考えられる武将などは多いですが、今回は個人的にもっとも悪いやつだなと思う人物。 曹操の跡を継いだ、曹丕について紹介します。

映画レッドクリフのモデルになった「赤壁の戦い」の真実とは【前編】

三国志の時代には魏、呉、蜀の3つの国がそれぞれ覇権を争っていた乱世でしたが、赤壁の戦いは後の三国の主役が揃った数少ない戦いの1つでした。 河北の袁紹を降した曹操はすでに中国の北部一帯をほとんど手中に治めており、次に狙っていたのが劉表の治めていた荊州(けいしゅう)です。

【三国志】典型的な落ちぶれエリート 袁紹の失態が残念すぎる

今回紹介する三国志の登場人物は、個人的に数多くの英雄の中でも非常に残念すぎると感じる1人、袁紹です。 その失態の数々は三国志を書き起こした陳寿にも大きく非難されているほどであり、当時の勢力を考えると暗愚な人物であったと言わざるを得ません。

三国志の有名美女 大喬と小喬の史実は悲しい物語だった

三国志で有名な美女と言えば、貂蝉と二喬と呼ばれた「大喬」「小喬」に姉妹が挙げられます。 貂蝉は三国志演義において呂布との話に登場する女性であり、大喬と小喬は呉の将軍である孫策と周瑜の側室として知られています。

劉備を支えた蜀の五虎大将軍とは?最強と恐れられた武人の実像

以前紹介した記事で劉備の戦下手について紹介しましたが、その一方で後世にまで語り継がれる武勇や知勇を持った将軍、軍略家なども味方にすることに成功しました。 特に劉備の配下において戦場で活躍した将軍は、蜀漢を正式に建国した後に「五虎大将軍」の異名が与えられ、それぞれ高位の将軍職に任命されます。

三国志 孫策の死因とその最後とは?江東の小覇王

三国志における英雄の1人、江東の小覇王と呼ばれた孫策は呉の国の礎を築いた勇猛な武将であったと言われています。 しかし、結論から先に言ってしまうと魏、呉、蜀の三国鼎立の頃、既に孫策はこの世を去っていました。 孫呉の礎を築きながら、動乱の時代の中で若くして最後を遂げた英雄が孫策だったのです。