オカルトオンライン

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット

「ヒトラー」の記事一覧

新着

ソ連はおろか味方のヒトラーですら恐れたWW2最悪の人外撃墜王!ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

世界三大リアルチート軍人のひとりでありエースパイロットとして有名な空の魔王・ハンス・ウルリッヒ・ルーデルは、その能力は1人で一個師団に当たるとも伝えられているんです。ドイツでは英雄とたたえられその戦果は世界記録となっているだけででなく、彼の逸話は嘘と虚言にまみれたあのアンサイクロペディアでさえ、多くの本当のことを書かざるを得なかったほど。

ヒトラーがオカルトを弾圧したという歴史的事実

今回紹介したいのは、オカルト国家とも言えるナチス・ドイツの国家総統であるヒトラーが、政治的に『オカルト』の弾圧を行ってきたという話である。 客観的にナチス・ドイツやヒトラーを研究・考察すると、”オカルティズム”がどうしても見え隠れするのだが、ヒトラーは政策としてはオカルトを弾圧していた。 今回は、この不可思議なオカルト弾圧についての政策を紹介していこう。

ヒトラーは死んでない?死体すら見つからなかった独裁者【連載:オカルト・ナチス 最終話】

ナチス・ドイツやヒトラーについて少し興味を持った人であれば、一度は聞いたことがあるかもしれないが、歴史上ではヒトラーはベルリンの地下で愛人のエヴァ・ブラウンと共に自殺を図った後に死体を敵国に渡さないように指示していた。とされている。 しかし、ある説によるとヒトラーは実は死んでおらず、「Uボートで秘密裏に国外へ脱出した」「チベットのナチス支援者を頼って逃げた」というような、いわゆる”ヒトラー生存説”が囁かれている。 ヒトラーが生きているとなれば、困るのは戦勝国側であるが、何故ヒトラーに限っては生存説があるのかをここでは紹介しようと思う。

ヒトラーが囚われた魔術師の存在とその生涯【連載:オカルト・ナチス】

第二次世界大戦の時代、いわゆる近代史において当時の最先端を走ったナチス・ドイツ。しかし、その一方で総統であるヒトラーや腹心のヒムラーなどは神秘学や秘術といったオカルティズムにも傾倒していたという。 実際には、ナチスの政治方針から国内中でオカルトが一大ブームになっていたという説もある。いすれにしてもナチス・ドイツが大衆を操るために研究した分野の中には魔術や占星術も含まれていたのである。 ここでは兵器戦争ではなく占星術や魔術師として同時代に活躍した人物を紹介していこう。

ナチス・ドイツとヒトラーが美術品を収集していた本当の理由とは?【連載:オカルト・ナチス】

ナチス・ドイツが戦時中にヨーロッパ全土から略奪した美術品は絵画や彫刻など実に60万点に及んだと言われている。領土拡大と同時に数々の戦略立案をしてきたヒトラーだったが、中でも美術品の収集には力を入れていたのである。 これらの美術品の中にはピカソやゴッホ、シャガールといった有名作品も数多くあったという。 では、単に戦争の報酬や見せしめとしてこれらの美術品を収集していたのだろうか? 様々な説があるがいくつか紹介していこう。

ヒトラーは聖遺物に支配されていた?ロンギヌスの槍と第三帝国の崩壊【連載:オカルト・ナチス】

ナチスの総統アドルフ・ヒトラーは政治方針には徹底的な現実主義者であった一方で、その膨大な知識や知恵を神秘学や密教、占星術など霊的なものに委ねていたとされる説がある。 ナチ党の前団体である「トゥーレ協会」は神秘主義者の集まりであったし、ヒトラー自身もドイツの神話を舞台化したワーグナーの「ニーベルンゲンの指輪」という演目を愛してやまなかった。 そして、ナチス・ドイツが戦時中に入手したとされるのが、キリストの聖遺物の1つであるロンギヌスの槍である。

戦後の動きに見るナチス・ドイツの黒い科学技術【連載:オカルト・ナチス】

ナチスの高官であった兵士達も我先にと外国への逃亡を試みたが、逃亡中や逃亡先で死亡したり多数の戦犯確実となった幹部は自殺やニュルンベルク裁判において死刑を言い渡された。 しかし、実はこの一連の戦後処理の裏でアメリカが密かにおこなっていた、とある作戦がある。 その内容は当時、世界一を誇った科学技術や頭脳を持った優秀な科学者達をドイツ本国からアメリカへと連行することであった。

ヒトラーの予言が現実になったいくつかの証拠【連載:オカルト・ナチス】

アドルフ・ヒトラーという男は時々、普通の人の枠を超えたような発言をすることで知られていた。 これは戦後にヒトラーの側近達へのインタビューや、最後の愛人であったエヴァ・ブラウンの手記などからも読み取れる。 著作である「我が闘争」を記していた逮捕収監されていた頃にも未来を見通すような発言をしていたと言われている。

ナチス総統ヒトラーによるユダヤ迫害の思想と謎【連載:オカルト・ナチス】

ナチス・ドイツの総統にして全ての権力を掌握し、アーリア人種至上主義を掲げて大量のユダヤ人を迫害したことで知られるアドルフ・ヒトラー。 一般的なイメージは「20世紀最悪の独裁者」といった教科書のような印象が強い人間である。 しかしアドルフ・ヒトラーの人生を調べてみると、ユダヤ人を迫害した事実や原因は一部分かるものの、その思想に至った謎がいくつか残るのである。 今回はそんなアドルフ・ヒトラーのユダヤ迫害への思想について謎の残るエピソードを紹介していこうと思う。

ナチス・ドイツの狂気がもたらした現代医学への貢献【連載:オカルト・ナチス】

ナチスが戦時中におこなってきた数多くの非人道的な人体実験は狂気に満ちていた。 実際に純血のアーリア人種にこだわったナチス・ドイツが他の民族を選民思想によって虐殺し、実験台にした事実は変わらないが、実は現代医学に貢献したのではないか?という意見もある。 もちろん諸説あるが、数多くの犠牲と人体実験の「副産物」によって得られたデータが現代の医学界に影響を及ぼしたという説について紹介していこうと思う。

地底人は存在するのか!?謎に満ちた「地球空洞説」の正体とは

地底人っていうと、なんだかロマンがありますよね。 昔、ウルトラマンとか特撮ヒーローものでよく登場していたような気がします。 地球には皆さんご存知の通り、地表の下には「地殻」があり、その下にはマグマが流れる「マントル」があります。 そしてその遥か下に地球の「核」が存在しています。

ナチスによるガス室ホロコーストの真実~日本人こそ知っておきたい戦争犯罪~

よくナチス・ドイツやヒトラーを取り上げると「ナチス・ドイツを擁護している」「ヒトラーは悪くない」などといった勘違いが起こりやすい上に、中には「ホロコーストは無かった説」「ガス室が無かった説」といった様なとんでもない解釈を始める人間がいるが、ナチスによるユダヤ人へのホロコーストは歴史的な事実であり、数百万人のユダヤ人がナチス政権下で犠牲になっている。

もはや不死身…数々の暗殺計画から生き延びたヒトラー

トム・クルーズが主演を飾って映画にもなった「ワルキューレ」にも描写されたヒトラーの暗殺計画。 同映画のモデルになった暗殺計画は通称「7月20日事件」と言われており、大戦末期のナチスドイツにおいて敗戦色濃厚になったドイツ陣営の中