オカルトオンライン

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット

「カニバリズム」の記事一覧

【未解決事件】少年臀肉切り取り殺人事件:長編

今回紹介する臀肉事件(でんにくじけん)別名野口男三郎事件(のぐちおさぶろうじけん)とは、1902年(明治35年)3月27日の東京府麹町区下二番町(現在の千代田区二番町)で発生した未解決殺人事件です。 この事件では少年が何者かによって殺害され、お尻の部分(臀部)の肉を切り取られたという事件です。

フランスで起きた日本人主犯の猟奇的殺害事件「パリ人肉事件」

今回紹介するのは「パリ人肉事件」です。 この事件は1981年(昭和56年)フランスで起こった猟奇的殺害事件です。 犯人は日本人留学生の佐川一政であり、友人だったオランダ人女性をピストルで射殺し、死姦後に彼女の肉を食したというものです。 聞いたら分かるとおり、いかにもサイコパス的な事件を今回は取り上げていきます。

【閲覧注意】暴力、流血、ポルノ…アングラ音楽「ゴアグラインド」とは【検索してはいけない】

世の中にはさまざまな音楽のジャンルがありますが、中でも”ゴアグラインド”という音楽を聞いたことがありますか? ”検索してはいけない”言葉として知っている人も多いかと思います。 ”ゴアグラインド”と検索して出てくるのは、暴力、流血、ポルノといった要素を含んだショッキングなアートワーク…。 今回は、そんなゴアグラインドはどんな音楽なのかについて紹介します。

意味が分かると怖い話「謎の能力」解説付き

今回紹介する意味が分かると怖い話は「謎の能力」です。 この話は、謎の能力を手にした人物が体験した話です。 後半は物語に登場するカニバリズムの記事紹介や映画紹介などもしているので興味のある方は是非読んでみてください。

次はあなたかも!?カニバリズム映画10選

世の中にはさまざまな食習慣があり、日本国内でも地域によってさまざまな料理がありますよね。イナゴやハチの子を食べる地域もありますが、特定地域の土を食べるという変わった人もいるんですよ。太古、亡くなった人のパワーを得るということで遺体を食べるという風習や、偉大な戦士の亡骸を食べて力を得るということもおこなわれていましたが現在では禁忌とされていますよね。

【地方の怖い風習】人肉に子殺し!東北の飢饉の惨状「わらす河原」

人肉食、姥捨て山、カニバリズム、子殺し…そんな怖い風習が日本にも存在しました。東北地方の飢饉は壮絶でした。青森県や岩手県には、子殺しや子捨ての風習が残る「わらす河原・崩川」といった地名が残っています。今回は東北の飢饉の惨状と、地方の怖い風習を紹介します。

イギリスの食人男「ソニー・ビーン」って一体何者?

人肉を食べるというのは今では禁じられた行為となっていますが、昔から忌み嫌われていたわけではありません。 例えば中国では骨や人肉が漢方薬として扱われていたり、イタリアではキリスト教の神学者であるトマス・アクィナスの死体を修道士が食べていたりしています。そんなカニバリズムの歴史の中では、嘘か真か分からない事件も。

全部現実!?実話ベースのホラー映画9選【本当にあった怪奇事件】

「ホラー映画は嘘くさい」という人に観てほしい、実話を題材にしたホラー作品たちをご紹介!ホラー映画に欠けているものが"リアリティ"だとしたら、「実話を映画化すればいいじゃん!」という話です。実話ベースなら、いくら悪魔が襲ってきても、超常現象に巻き込まれても、「これ、実話かよ……」って思って楽しめる!

赤ちゃんを食べる!?中国の怪しい謎グルメ「胎児スープ」とは?

四川料理や広東料理など、様々なグルメが揃う中国。 日本でも数多くの中華料理店が点在しているため、中華料理が大好きな方も多いのではないでしょうか。 そんなグルメ大国である中国には、「胎児スープ」という名前からして明らかに怪しい料理があるという噂があります。 今回は中国の怪しい料理「胎児スープ」について紹介します。

日本全国から注目されたペニス試食会って?

世界には、日本でアッと驚くような物を食べていることがよくある。 少し例を上げるならば、鳩肉を食べるエジプトや孵化直前のヒナを食べるフィリピンなど。 今では驚かれなくなったが、フランス料理でおなじみエスカルゴも最初はビックリしたはずだ。 しかし、日本でもそのようなアッと驚くような物を食べたイベントがあることを