応竜(おうりゅう)は、中国の古書『山海経』の中にあらわれる怪物である。

『述異記』には、「泥水で育った蝮(まむし)は五百年にして蛟(雨竜)となり、蛟は千年にして竜(成竜)となり、竜は五百年にして角竜(かくりゅう)となり、角竜は千年にして応竜になり、年老いた応竜は黄竜と呼ばれる」とある、黄竜=応竜
古来中国2[map lat="1.662981" lng="103.59993709999999" width="800" height="600"]