スクヴェイダーは20世紀初頭にスンツヴァルのレストランでH?kan Dahlmarkという男が語ったほら話に由来する

スクヴェイダー(スウェーデン語:skvader)はスウェーデンの架空の生物で、未確認動物の一種とも言える。1918年に剥製師のRudolf Granbergが制作しスンツヴァル(Sundsvall)の博物館に展示されている。体の前半と後肢はノウサギ(Lepus)、残りはヨーロッパオオライチョウ(Tetrao urogallus)のメスが使われている。冗談でラテン名(Tetrao lepus pseudo-hybridus rarissimus)まで付けられているが、もちろん学名としては不適格である。
スンツヴァル[map lat="62.390811" lng="17.306926999999998" width="800" height="600"]