ジェヴォーダンの獣(ジェヴォーダンのけもの、仏: La b?te du G?vaudan)は、18世紀のフランス・ジェヴォーダン地方(現在はロゼール県の一部)に出現した

獣はウシと同じ大きさのオオカミに似た生物で、広い胸部をし、長く曲がりくねった尻尾はライオンのような毛皮の房で先端まで覆われていた、と記述されている。そして、小さく真っ直ぐな耳と巨大な犬歯がはみ出ている、グレイハウンド犬のような頭部をしていたという。獣は全身が赤い毛で覆われ、特筆すべきは黒いしまが背中の長さ分あったことだった。
フランスでは、ソワソンやペリゴール[map lat="49.376636" lng="3.32342" width="800" height="600"]