キャッシュ-ランドラム事件

キャッシュ-ランドラム事件
キャッシュ-ランドラム事件

1980年12月29日のアメリカ南部テキサス州にて

一家の3人は、炎を噴出しながら上空をホバリングする光を見た。その光は強烈に輝き、鈍い金属銀の色で、大きさは給水塔ほどもあり、直立した巨大なダイヤモンドの形をしていた。車を停めると、同乗者のベティー・キャッシュ(Betty Cash)が車外に出てその飛行物体を観察した。[cc id=5876]

アメリカテキサス州-2[map lat=”31.9685988″ lng=”-99.9018131″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。