エールフランス3532便事件

noimage

1994年1月28日、ニース―ロンドン間の上空にて、エールフランス3532便の操縦士3名が奇妙な飛行物体を目撃した

当初「ぺしゃんこになった鐘」に見えたその物体は、すぐに赤黒い円盤状に形を変えた。2分後にその物体は消失したが、ある時はレンズ豆、ある時は矢のように見えるなど、絶えず輪郭を変化させていた。[cc id=5876]

ニース―ロンドン間の上空[map lat=”43.7101728″ lng=”7.2619532000000016″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。