アルカリレイク・モンスター

アルカリレイク・モンスター
アルカリレイク・モンスター

アルカリ湖の怪物。最初に発見したと報告があったのは1923年のことで、友人と二人でキャンプにアルカリ湖を訪れていたジョンソンという男性が見たことのない生物を目撃した。全長約12mほどで体が灰褐色、もしくは灰茶色のくすんだ色をしていて、外見はワニによく似ていたが目と鼻の間にはサイの様な角らしき突起物があったと言われている。

アルカリ・レイク・モンスターの正体については外見以外の情報が極端に少ないことから判明はしていない。しかし、多くの説の一つとして、外見通り本当にただのワニではないかと提唱する研究者も多いとされている。野生のワニがその湖に住み着き、特殊な生態系の中で独自の進化を遂げていったのではないかと言う見方が多いと言われている。[cc id=5876]

アメリカ合衆国 ネブラスカ州 アルカリ湖[map lat=”41.4925374″ lng=”-99.9018131″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。