チュパカブラ

noimage

家畜の生き血を吸うUMAとして有名です。

チュパカブラは、主に南米で目撃される未確認生物で、ヤギやウシといった家畜や人間を襲い、細長い舌で穴を開けてその血液を吸う吸血生物として知られています。また、チュパカブラはアメリカのエリア51の地下実験室で生まれたという噂もあります。[cc id=5872]

アルゼンチン ブエノスアイレス[map lat=”-34.6036844″ lng=”-58.3815591″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。