日没後の空に必ず黄色い点が現れるという。

色とりどりの光線を発し、しばらく宙に浮き、そしてさまざまな方角へと消えていく。残念ながら、この謎を捉えた写真はない。カメラに映らないのだそうだ。
タタールスタン共和国アラト[map lat="56.19359820000001" lng="49.2089089" width="800" height="600"]