この場所で亡くなったとされる幽霊が目撃されます。

リープ・キャッスルはオ・キャロル家の居城だが、その日、家人である「片目のテーゲ・オ・キャロル」がチャペルにいた実の兄である司祭を惨殺しました。司祭は祭壇に倒れ込み息絶えました。時は過ぎて1922年、戦争で城が破壊されたことがきっかけで、チャペルの下にあった地下牢が発見された。そこには3カート分の人骨があったという。テーゲ・オ・キャロルは当時人々をチャペルへ招き、木材で出来た針山に突き落とし、殺していたと考えられています。
アイルランド リープ・キャッスル[map lat="53.0279902" lng="-7.8084534" width="800" height="600"]