マンリー検疫所

マンリー検疫所
マンリー検疫所

オーストラリアで最恐の心霊スポットとも言われている。旧マンリー疾病所(Quarantine Station 通称:Q Station)は1833年に建設され、移民達が、船内でかかった腸チフス、コレラやスペインインフルエンザなどの疫病のため、この検疫所に隔離された。1980年代までに隔離された人数は26,000人で、内600人もの人たちがこの旧マンリー疾病所で亡くなっているのだという。新しい大陸に夢と希望を抱いて遙々やってきたが隔離され死んでいった人々の怨念が、旧検疫所建物内を彷徨っているのだという。1階のシャワールームでは、フードをかぶった男性の霊が出ると言われている。心霊写真も数多く撮られている。

新しい大陸に夢と希望を抱いて、命がけでやってきた人々の無念の死。その怨念が、今でもこの旧検疫所建物内を徘徊しているという [cc id=5872]

Unnamed Road, Manly NSW 2095 オーストラリア [map lat=”-33.7969558″ lng=”151.28624150000005″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。