建設中に事故や過労で亡くなった者の幽霊が出現する。

中国を代表する観光スポットの一つ。秦の始皇帝が中華統一後に北の蒙古を警戒して構築し、明の時代に修復と増築が行われました。北京の北側に位置する長城の一部は特に恐ろしい場所とされ、それは建設中に事故や過労で亡くなった者が埋葬されるどころかそのまま長城の一部として埋められたり、建設中に警備にあたった兵士が侵入者に襲われて命を落としたりして長城に閉じ込められた魂のいたずらであり、中には悪事を働いている死者の霊もいるからだと言い伝えられています。
中華人民共和国 北京市 昌平区[map lat="40.22065900000001" lng="116.231203" width="800" height="600"]