1936年、この館で「褐色の婦人」と呼ばれる幽霊の写真が撮影されました。1835年から幽霊の姿は、しばしば目撃されていて、ドロシー・ワルポールという実在した女性だと言われているようです。

ドロシー・ワルポールは政治家チャールズ・タウンゼントの二番面の妻でした。チャールズは怒ると凶暴になることで有名で、ドロシーがウォートン卿と密通したことがわかると、1726年に彼女が死ぬまでレイサムホールの一室に監禁したと言われています。
1 Raynham Hall, East Raynham, Fakenham NR21 7EP イギリス [map lat="52.7963646" lng="0.7902453" width="800" height="600"]