サジャハ島

noimage

多くの幽霊が目撃されている。

マレー語で「邪悪なもの」・「不吉なもの」を意味する言葉が使われるこの島は、昔から海上交通の要衝であったため海賊の襲撃や船の難破などで多くの人が亡くなっています。また、過去にはスマトラ島のバンダアチェに首都を置くアチェ王国があり、そこの提督が戦争で負けた際にこの島に逃げ込み、捕虜になることを良しとせず自害します。提督の魂はこの島の頂上にある大きな岩に宿り、その怒りにより付近の海域で嵐を起こすと地元民に信じられてきました。[cc id=5873]

North Eastern Islands, シンガポール[map lat=”1.4063775″ lng=”104.0323021″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。