日照りの時に、意賀美神社の滝の水を神前に捧げると、必ず雨が降ると言われています。

意賀美神社は龍神様を祀っている神社であり、元慶8年(884年)の 大かんばつの時に、学問の神様として知られている菅原道真公がこの滝の水を神前に捧げ雨を降らせた事から、この滝は「雨降りの滝」と呼ばれています。
大阪府岸和田市土生滝町[map lat="34.4238722" lng="135.410705" width="800" height="600"]