金華山は織田信長と信長の妻、濃の父である斎藤道三が住んでいた山として知られていて岐阜城のある山になります。

金華山は織田信長と信長の妻、濃の父である斎藤道三が住んでいた山として知られていて岐阜城のある山になります。この岐阜城が建っている場所というのは風水でいうと地中を流れる気のルートである龍脈の始まりといわれる場所です。この一帯は風水でいう太祖山とも呼ばれていて、大地のエネルギーを感じられる場所になります。この金華山は別名稲葉山とも呼ばれていて、斎藤道三の時代は稲葉山城という呼び名もあったそうです。地名を岐阜に変えてから稲葉山城を岐阜城という名前に変えたそうです。岐阜城は後に天下統一を目指した織田信長の拠点のひとつとなっていました。当時の岐阜城はとても険しい山道とけもの道しかなく、攻めるには困難な城として有名でした。岐阜城は立地条件をしっかり確かめてから建てられているため、この城を守ろうとする人々の強さを感じることができます。
金華山ロープウェー:岐阜県岐阜市千畳敷下257 岐阜城天守閣:岐阜県岐阜市金華山天主閣18番地 [map lat="35.4346889" lng="136.77475" width="800" height="600"]