戦国期の居館であった躑躅ケ崎館があった場所に建てられたのが武田神社

戦国期の居館であった躑躅ケ崎館があった場所に建てられたのが武田神社です。武田信玄を祭神としてます。武田信玄は庶民を大切にしていた武将でした。そして農業や商業、川の氾濫を防ぐなど色んな所に才能を発揮した知略にたけた方だったと言われています。武田信玄は戦でも負け知らずだったことから、武田神社には勝負運などのご利益があると言われています。生きていく上でかならず遭遇する大変な仕事や勝負、そして己に勝たねばならないという場面で大きなご利益を授かれます。武田神社に来た時に絶対に訪れてほしいのが「姫の井戸」です。武田信玄の娘が産まれた際赤ん坊を入浴させる時に使った水をくんでいた井戸です。この水を飲むと病気が治り長生きできます。そしてもう1つの井戸が信玄公が使っていたといわれている井戸です。水を飲むことはできませんが、昔からこの辺に住んでいた人の生活を支えてきたといわれている井戸なのでパワーを感じれます。
山梨県甲府市古府中町2611 [map lat="35.6866956" lng="138.5774038" width="800" height="600"]