昔から修行場として用いられ、秘境としても知られているのが赤目四十八滝になります。

きた化石として知られているオオサンショウウオも生息する事ができるほど清らかで自然豊かな場所になります。「赤目」という名前がついたのは呪術者である役小角が修行している時だといわれています。赤い目をした牛に乗って不動明王が現れたことからだそうです。四十八というのは滝の数ではなく、阿彌陀佛が四十八滝の願いを成就させたことから来ているとも言われています。滝から3キロほど離れた場所には百地三太夫という伊賀忍者の生みの親のお屋敷があるようで、ここでたくさんの忍者を育てたと言われています。
三重県名張市赤目町長坂861番地の1 [map lat="34.5649774" lng="136.08583059999998" width="800" height="600"]