外敵や災難から守り安穏を祈祷した場所

雄山神社は多くの神様や仏様が集まっている場所であると言われています。雄山山頂の峰本社と山のふもとの中宮祈願寺、そして前立社壇の3つを合わせて雄山神社と呼ばれています。43代の女性天皇である元明天皇や後醍醐天皇が反乱などを沈めて外敵や災難から守り安穏を祈祷した場所としても有名になっています。神祇信仰と仏教信仰か混ざりあっていた時代においては仏教の色が強い神社だったようです。立山を中心とした修験場でもあったこの神社では伊邪那岐と天手力雄の2つの神を祭神にしています。
富山県中新川郡立山町芦峅寺2 [map lat="36.5814763" lng="137.39228400000002" width="800" height="600"]